ナビゲートのロゴ
ナビゲート通信は主な更新情報をお届けするメールマガジンです。ご登録はこちらから。

下記はページ内を移動するためのリンクです。

現在位置

 ホーム > 気まぐれ歳時記 INDEX >さよなら、かりんちゃん

« Back | 気まぐれ歳時記INDEX |  Next »

2012年6月 8日

さよなら、かりんちゃん

category : [日常生活

writer :[よ]

さよなら、かりんちゃん

以前、「かりんちゃん」という金魚を飼い始めたとご報告しましたが、あれから3年半が過ぎ、先日ついに天国に旅立ちました。

近所の夏祭りの金魚すくいで、たった1匹だけもらってきた金魚。
水槽は多少大きくしましたが、そう長くは生きないだろうと結局酸素装置も付けず、それでもとても元気で、予想をはるかに上回る大往生でした。
朝晩5粒ほどエサをあげていたのですが、それがちょっと多かったのかどんどん成長し、フナのようになってしまいました。みんなには「太めの金魚だね」なんて言われながらも、朝晩のエサの時間には口をパクパクして催促し、夜中は大人しく眠りながら水中を漂っていたので、すっかり愛すべき存在になっていました。
帰省で長期不在となるときは、携帯電話の目覚まし機能を使い、時間が来たらエサをあげるしかけを作ってみたり。このままずっと生きている、と信じていたのですが。

異変があったのは、3週間ほど前です。2日間家を空けて帰宅し、エサをあげようと思ったら、なんと、フグのように全身がふくらんでいたのです。もともと太めだったけど、2日の間にまた成長したのか、魔法にかかったようで目を疑いましたが、その症状をインターネットで調べると、どうやら病気のようでした。
水をこまめに取り換えて清潔にすること、できれば市販の薬で水を殺菌すること。それくらいしか方法はないらしく、あわてて薬を買い対処したのですが。

一度は少し回復し、元のフナ状態に戻ったのですが、しばらくして再びフグのようにふくらんでしまいました。
ペットショップのスタッフいわく「全身に炎症を起こして腫れているので金魚も痛い」とのこと。そんな状態でも水の中をひたすら泳がざるを得ないかりんちゃんの姿を見るのはとても辛く、長生きしてほしい反面、早く楽にさせてあげたい、という気持ちもありました。

そして、症状が出てから3週間、ついに天国に旅立ちました。
初めてペットの死に遭遇した娘も、そしていい歳になった私も号泣しましたが、病気になってからも精一杯生き抜いたかりんちゃんから何かを学んだ気がします。


かりん1 かりん2
元気なころのかりんちゃん。 フグからフナに一瞬戻ったのですが......
薬を入れているので水が黄色です。
かりん3 かりん4
ついに天国へ旅立ちました。
ありがとう、かりんちゃん。
水槽は空っぽになりました。

▲このページの先頭へ

最近のエントリー

過去分一覧(月別)

2020年
2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
2003年
2002年
2001年
2000年

カテゴリー

執筆者一覧

お問い合わせ・ご連絡先
Copyright © 1999 - Navigate, Inc. All Rights Reserved.