ナビゲートのロゴ
ナビゲート通信は主な更新情報をお届けするメールマガジンです。ご登録はこちらから。

下記はページ内を移動するためのリンクです。

現在位置

 ホーム > 気まぐれ歳時記 INDEX >夏の恩恵6〜ベランダで愛をはぐくむ〜

« Back | 気まぐれ歳時記INDEX |  Next »

2012年7月 3日

夏の恩恵6〜ベランダで愛をはぐくむ〜

category : [食・健康

writer :[ち]

夏の恩恵6〜ベランダで愛をはぐくむ〜

本格的な夏を前に、例年どおり我が家の菜園も準備を始めています。
いま畳2枚ほどの小さなスペースに所狭しと植えてあるものは、苦瓜、きゅうり、ナス、トマト、ズッキーニ、ピーマン、パプリカ、ニラ、ルッコラ、バジル、イタリアンパセリ、セージ......などです。

苦瓜やズッキーニなど、実のなる野菜を楽しむために必要なこと、それは受粉作業です。
小学校の頃、理科の時間で習いましたが、蝶などの虫が勝手にやってくれるものだと思っていました。ところが、マンションの中ではそうはいかないようです。
そこで、朝な朝な、雌花が咲いたのを確認して受粉作業を行います。しかし難しいのは、雌花と雄花が同時に咲いているとは限らないことです。雌花が咲いた日に雄花がなく受粉できないと、雌花はそのまま口を閉じ、数日後に枯れてしまいます。また雄花も、その日中に枯れてしまいます。植物の世界も人間の世界も、雄と雌のタイミングはとても大事ですね。同時に咲くというのは、本当に結ばれるべくして出会う植物の愛でしょうか......。ときには受粉できずに閉じた雌花をこじ開けて、今日咲いた雄花の花粉を付ける、という荒技で成功することもあります。

菜園7 菜園8
キュウリの雌花が咲いている朝! 受粉婆がすかさず花粉をつけます

受粉作業に続いて重要なこと、それは水やりです。
まず朝にたっぷり、そして午後にたっぷり。それでも足りないのか、葉がしおれてくることがあるので、夜にまた水やり......。地面に植えている場合はここまで世話をしなくてよいと思いますが、ベランダで育てる場合は、とても手間ひまがかかります。これも愛でしょうか。
それもこれも、すべてはわが家の食卓のため。いろんな愛を受けながら、今年もありがたくいただきます!

*きゅうり、ズッキーニなどは単為結果といって、受粉作業しなくても実がなる植物なのだそうです。ただ、うちでは放っておくとそのまま腐ってしまうので、受粉作業をしています。


<番外編>
時はもう少しさかのぼり、春ごろのお話。
ベランダには、冬の間も楽しめるサラダにちょうどよい葉っぱがなっており、春になって高い気温が続いたある日のこと。そのころ、しばらく収穫していなかったので、プランターの中で葉っぱたちが窮屈そうにしていました。
そこで、摘みに行きましたら、そこには先客がいました。
アブラムシです。しかも大量です。陽があたらない根のほうに向かって、ぎっしりとアブラムシがついていました。
もう気持ち悪いのなんの。
アブラムシ退治には、牛乳が効きます。霧吹きで振りかけておくと、水分が蒸発したあと、油分がアブラムシについて窒息するのだそうです。まずは、うっそうとなった葉っぱを刈り取ってから(アブラムシを触ってしまいますので気持ち悪い作業なのですが)、牛乳攻撃をしかけます!あとは太陽の力を借りて乾くのを待つだけ......。

菜園9 菜園10
プランターいっぱいに。
サラダにして食べようと思ったら......
アブラムシがいっぱい!
周りを刈って、牛乳攻撃
菜園11
拡大してみました。気持ち悪くてごめんなさい

ところが、アブラムシの数が多すぎるのか、効いている様子がありません。
数日繰り返したのですが、とうとう葉っぱのほうが弱ってしまい、残念ながら根ごと処分することになってしまいました。

さて、今朝見たらパプリカやナスにもアブラムシがいました。彼らとは永遠にライバルのようです。人間がおいしいものは、虫もおいしい!ということで、仕方がありませんが......。
ともあれ、夏に向けて食べることはもちろん、野菜の成長も楽しみです。


菜園1 菜園2
植えたばかりのころのナスです。 今朝のナス。すでに数回収穫しています
菜園3 菜園4
ズッキーニの雄花 ズッキーニの雌花
菜園5 菜園6
実になったズッキーニ パプリカ。まだ色づいてなくてピーマンみたい
菜園9 ベランダの恵。
ズッキーニの実と花。
花も食べられます
少しずつですが、毎日
なにかしら収穫があります

▲このページの先頭へ

最近のエントリー

過去分一覧(月別)

2020年
2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
2003年
2002年
2001年
2000年

カテゴリー

執筆者一覧

お問い合わせ・ご連絡先
Copyright © 1999 - Navigate, Inc. All Rights Reserved.