ナビゲートのロゴ
ナビゲート通信は主な更新情報をお届けするメールマガジンです。ご登録はこちらから。

下記はページ内を移動するためのリンクです。

現在位置

 ホーム > 気まぐれ歳時記 INDEX >憧れの島へ ーアサイーボウルと英語とー

« Back | 気まぐれ歳時記INDEX |  Next »

2015年8月19日

憧れの島へ ーアサイーボウルと英語とー

category : [旅行・海外生活

writer :[よ]

憧れの島へ ーアサイーボウルと英語とー

この夏、憧れの島へ行ってきました。前回は国内の島でしたが、今回はハワイです。
これまで特に憧れを抱くことなく、四十路半ばまでハワイとご縁がなかった[よ]
しかし数年前、日本のハワイ料理店で「アサイーボウル」を食べたとき、あまりのおいしさに衝撃を受け、ぜひとも本場のアサイーボウルを食べたい!と思ったのが今回の旅のきっかけです。
また、休日の朝によくホットケーキを食す夫と娘にとっても、噂のハワイパンケーキは非常に魅力的のようで、今後数年分の旅費を当て込み、無事に決行となりました。

周囲にはハワイへの旅行経験者がたくさんいて、ありがたいことにさまざまなアドバイスをいただきました。
「○○という店のエビ料理がおいしいから、ぜひ食べてみて」
「○○のパンケーキは最高よ!」
「アサイーボウルは店によって味が違うので、いくつか食べ比べるといいかもね」
「ホノルルから遠くに足を伸ばすなら、ノースショアという町の○○というケーキが安くて最高に美味しい!」
「英語はほとんどいらない。日本語が通じるから大丈夫」
などなど。
なるほど、経験者のご意見はとても貴重です。さっそくガイドブックに付箋を貼って、オススメの店をどんどん制覇していきます。

実は、英語がまったく話せない[よ]。また、英語圏への旅行がほとんどないためチップという制度も初めての経験で会計のたびにオロオロとしてしまいます。
「日本語が通じるから英語は必要ない」というアドバイスに、すっかり事前の英語勉強を怠ったのですが、予想よりもはるかに英語を使う機会が多く......。
ホテルのスタッフ、エレベーターで乗り合わせた各国からの観光客、土産物屋のスタッフ、オプショナルツアーのドライバー、町で出会った女子学生、マクドナルドのスタッフ......。みなさん、口から出てくるのは英語ばかり(汗)。

旅では人とのふれ合いを何よりも楽しみにしている[よ]にとって、現地の方々と言葉が通じないのはとても悲しく、せっかくの英語で話せるチャンスを失った事を深く悔やみました。もっともっと勉強しておくべきだったと。
町で偶然目が合い話をした女子学生。どうやら来年日本に留学するとのことでしたが、「日本に来たらうちにも遊びにおいでよ!」というフレーズが出てこずそのままバイバイしたり。
観光船のスタッフがアメリカ人と日本人とのクォーターで、ミドルネームが偶然私と同じということもあり話が盛り上がりそうだったのですが、結局私の語彙不足で会話がチグハグなまま終わったり。
ホテルであわてて覚えた怪しい発音のなんちゃって英語はほとんど通じず、ボディランゲージで精一杯ごまかす哀れな母親を見た娘は、きっと「あんなふうにはなりたくない、将来に備えて英語もしっかり勉強しなくては」と固く誓ったに違いありません。

今回、お目当ての食べ物を制覇できたことと、それから英語を勉強しなくては、と娘が感じた(であろう)ことは、非常によい収穫になったかと思います。


風景1 サンドバー ウミガメ
ハワイと言えばこんなイメージ! 少し遠出してこんなビーチで泳いだり ウミガメを発見したり!
パンケーキ2 アサイー1 アサイー2
日本でも出店している店のパンケーキ
豪華です!
「アサイーボウル」その1 「アサイーボウル」その2
シュリンプ この木 friend
数名からご推薦いただいたエビ料理。
お墨付きの美味しさでした!
♪この木何の木気になる木♪が
ハワイにあるとは知りませんでした。
町で偶然話した女子学生。
もっともっと話して仲良くなりたかったけど......

▲このページの先頭へ

最近のエントリー

過去分一覧(月別)

2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
2003年
2002年
2001年
2000年

カテゴリー

執筆者一覧

お問い合わせ・ご連絡先
Copyright © 1999 - Navigate, Inc. All Rights Reserved.