ナビゲートのロゴ
ナビゲート通信は主な更新情報をお届けするメールマガジンです。ご登録はこちらから。

下記はページ内を移動するためのリンクです。

現在位置

 ホーム > 気まぐれ歳時記 INDEX >引っ越しの日

« Back | 気まぐれ歳時記INDEX |  Next »

2004年9月22日

引っ越しの日

category : [旅行・海外生活

writer :[ち]

入居先が決まってから2日後、引っ越しの日が来ました。

「爽やかに快晴、晴れ晴れと学校の寮とお別れ」の予定でしたが、朝からどんより曇り空です。

朝から私は大忙し。大体片づいているハズなのにどうして......?
最後の最後まで使うものなどはしまえないし、どうしても分類しにくいものは後回しに片づけます。
始めの勢いのまま続ければ予定通り終わる片づけも、大抵7割片づいたところで「終わりが見えてきた」ことに安心してしまい、奥から出てくる写真や作品に見入って、急に手が止まっています。
1人で住んでいるのだから、ちょちょっと片づけが終わるかと思ったら大間違い。私は物を捨てられない性格です。卒業後は使わないような道具も捨てるには惜しいし、1年以上使ってないものでも、新しい環境では使うかもしれないと思うと捨てがたくなります。
捨てるか捨てないか迷ったり、最後まで片づかない荷物をなんとか持ち運べる形にしたりすることを、やっと当日の朝に手を付けたので大忙しです。

午後一番にいよいよ引っ越しのトラックが到着。その途端、雨が降りだしました。 しかも、ぱらぱらではなくてどしゃぶりです......。私が学校から去るのを悲しんでくれているのか、ただ雨女だからなのか......。

しばらく待ってもやみそうにないので、荷物をトラックに運び始めます。
中国の引っ越しやさんは驚くほどの力持ちで、とても重い荷物をひょいひょいと運びます。たくさんの荷物もあっと言う間にトラックにおさまりました。
「ああ、やっぱり私は雨女......」なんて思っていると、新居に着く頃には雨は上がっていました。
前日も当日の朝も荷物をまとめるのにかなりの労力を使いましたが、大変なのはこれからです。荷物を運び入れて、住める状態にするために掃除をしなければなりません。今日からここに住むのですから。
アパートに着いて「さあ、始めの一歩!!」、気合いを入れて鍵を差し込みます。
ところが鍵がウンともスンとも動きません。何度か試しましたがどう考えても鍵が合っていないとしか思えない動かなさです。先日鍵の受け渡しの時、ちゃんと開くかどうか確認したはずなのに......。
いや、やはり、「開かない!!!」
荷物はどんどんドアの前に置かれていきます。大量の荷物はそのフロアーの通路を占領しています。引っ越しに立ち会ってくれていた不動産屋さんが大家さんに連絡を入れ、様子を見に来てくれることになりました。でも「時間がかかるなら、おれたちは帰らせてもらいます」と引っ越しやの兄さんたちは言うし、こんな大荷物を部屋に自分で運び入れるなんて無理......、冷や汗をかきながらはらはらしましたが、1時間ほどで大家さんが来ました。

大家さんのマスターキーでは問題なく開きました。原因はドアのセキュリティーシステムによるものでした。引っ越しの前日に水道工事の人が入るために大家さんのマスターキーを使ったのですが、そうすると現在私が持っているスペアキーでは開けられなくなるようです。スペアキーは何種類かあらかじめ用意されていて、マスターキーを使うたびに使える種類が変わる仕組みのようです。大家さんもそれを知りませんでした。
今後、仕事から帰って来たらドアが開かないなんてことあったら嫌だ......、とちょっと心配になります。高級マンションでもないのにこんなやっかいなドアを......、いえいえこんなに安全だとはよかったよかった。

入居初日からトラブル......、なんだか先行き心配ですが大丈夫かな?


▲このページの先頭へ

最近のエントリー

過去分一覧(月別)

2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
2003年
2002年
2001年
2000年

カテゴリー

執筆者一覧

お問い合わせ・ご連絡先
Copyright © 1999 - Navigate, Inc. All Rights Reserved.