ナビゲートのロゴ
ナビゲート通信は主な更新情報をお届けするメールマガジンです。ご登録はこちらから。

下記はページ内を移動するためのリンクです。

現在位置

 ホーム > 気まぐれ歳時記 INDEX >多肉ざんまい

« Back | 気まぐれ歳時記INDEX |  Next »

2020年7月20日

多肉ざんまい

category : [日常生活

writer :[の]

多肉ざんまい

多肉植物にはまっています。多肉とのつきあいは長いのですが、この自粛生活の間に多肉熱が再燃しました。
私には、ひそかに「多肉の師匠」と呼ぶ人がいます。師匠の家にはひときわ大きく珍しい多肉がいます。名前は師匠も知らないのですが、近所の花屋さんが15万円で売ってほしいと交渉にきたほどの逸品です。
それでも師匠は決して売ろうとしなかったのですが、数年前、その貴重な多肉を私に2株分けてくれたのです。
それなのにそれなのに......、翌年の梅雨の時期、あろうことか2株とも枯らしてしまったのでした。
「将来は15万円 × 2かぁ」などという若干の邪心も災いしたかもしれません。せめて写真を撮っておくべきでした。
悲しい別れのショックから、しばし多肉から距離を置いていたのですが、やがて時が悲しみをいやし、家にいる時間が増えたことで、再びマイブームが訪れたという次第です。
あの別れの教訓を生かさねば、と。

今日は、そんなわが家の多肉達をご紹介したいと思います。
多肉にも春秋型、夏型、冬型があり、同じ種類であっても個体差があるため、それぞれに応じた育て方が必要です。
窓辺の箱入りチームは、12年同居のハオルチアを筆頭に新入りメセンまで約10種類。カゴにいれ、天気に応じて移動させるという過保護ぶりです。
軒下チームは、8年同居のセダムを筆頭に10数種類、雨の日だけ優しくされます。
野ざらしチームは、5年同居のセンペルビウムを筆頭に2種類、ほぼ放置。雨にも負けずワイルドに育っています。

多肉といえば寄せ植えがおしゃれなのですが、狭いところに押し込めるのはなんとも気の毒に思えます。
というわけで、わが家ではソーシャルディスタンスを保って植えられており、写真映えはしませんがご容赦を。


セダムの挿し木と葉挿し

8年生のセダム 挿し木 葉挿し
8年同居のセダムを挿し木 数日乾かし根が出たら鉢植え 葉挿しも成功。小さなベビーが発芽!

比較的過保護に育てられている者たち

ハオルチア青水晶 ハオルチア ブラックオプツーサ
水色に光るハオルチア青水晶 毎日見惚れるブラックオプツーサ
ハオルチア玉扇 12の巻き
手前はハオルチア玉扇 12年選手の12の巻、今の住まいはトイレの窓辺
リトープス アドロミスクス コーヒービーン
なんともユニークなリトープス、脱皮します! 一番動物に近い気がするアドロミスクス コーヒービーン
コノフィツム 発根中
ぽこぽこ可愛いコノフィツム 落ちた葉からも、ぞくぞくと発根中

窓辺と軒下のレディース

リラシア 桜吹雪 虹の玉
わが家の女帝リラシナ 可憐な桜吹雪 虹の玉3姉妹
黒法師 桜吹雪 花月きらめき
クールな黒法師の姉さん しどけない姿の桃太郎、やや日照不足 赤い縁取りが小粋な花月

たくましき者たち

センペルビウム ベビー11種 ベビー11種-2
野ざらし代表センペルビウム 距離を保ってるベビーたち。11種(6/7) →1カ月後、徐々に密に(7/15)

ナゾの乱入者

ナゾの挿し木
ある日、家人の植えたナゾの挿し木が 私の多肉に混じっていました ......誰?

▲このページの先頭へ

最近のエントリー

過去分一覧(月別)

2020年
2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
2003年
2002年
2001年
2000年

カテゴリー

執筆者一覧

お問い合わせ・ご連絡先
Copyright © 1999 - Navigate, Inc. All Rights Reserved.