ナビゲートのロゴ
ナビゲート通信は主な更新情報をお届けするメールマガジンです。ご登録はこちらから。

下記はページ内を移動するためのリンクです。

現在位置

 ホーム > 気まぐれ歳時記 INDEX >健康診断で怒られる?!

« Back | 気まぐれ歳時記INDEX |  Next »

2012年11月28日

健康診断で怒られる?!

category : [食・健康

writer :[ち]

健康診断で怒られる?!

先日健康診断を受けました。
健康診断を受けるたびに、思い出すことがあります。

それは、中国にいたころに受けた健康診断のこと。
10年近く前のことになりますが、とある年、経腹超音波検査を受けました。
これは膀胱に尿がたまった状態でないと診づらいとのことで、係の人からは、水をひたすら飲んで尿をため、漏れそうになるまでトイレを我慢してから来るように、と説明がありました。
ところが、この検査は長蛇の列。漏れそうになってから並んでいたら、本当に漏らしてしまいそうです。そこで水を飲みつつ、あと少しで行きたいかもしれない。というくらいから並び始めました。
しばらく待ったのち順番が来て、医者がエコーをかざしたとたん
「見えない。もっとたまってから来るように」
と怒られました。しかたなく、いったん診察台を離れます。他の検査は終わってしまい、やることもないので、院内をブラブラしながら、すでにたぷたぷの胃にさらに水を飲みます。しばらくしてから戻ってくると、検査の列はますます長くなっていたので並び始めました。
思ったほどは時間がかからず順番が来ました。医者が私の顔を見たとたん、
「あんた、2回目だね。もしまだたまってなかったら、もう2度と診てやんないからね」
と一言。しかし出直すにも、もうこれ以上水を飲むがつらかったので、そのまま見てもらうことにしました。
「うーん、まだわかりにくいけど、まあいいや」
と、なんとか診てもらうことはできました。

中国の健康診断では、他の項目でも怒られることが多かったような気がします。言い方が強いだけで怒っているつもりはないのかもしれませんが......。いま日本で受けている検診所では、ぼーっとしてても手取り足取り検査場所を教えてくれて、効率良くまわれるのですが、中国で受けていた頃は、ディズニーランドのごとく、列の具合と検診の内容を考えながら、自分で計画を立てて動かないと早く帰れないという、ちょっと頭を使う検診でした。


さて、今回の健康診断、最近調子が悪かったため少し悪い結果がでるのでは?と思っていました。まわりからも「痩せたね」といわれたり、風邪を引いたりしたので、少々気になっていました。
とはいえ、何を隠そう毎年ほぼ「A」判定。
頭が痛いだの、肩がこるだの、手足が冷たいだの、しょっちゅうぼやいている割には、なんだかんだ元気でやっています。「つらい」とぼやいている間は大丈夫(本当につらい人はぼやく前に倒れるから)と公言しているためか、「頭痛が......」と言ったぐらいでは、社内でも家庭でも大して心配されません。
そんな、私の健康さ?を裏づけるのが、健康診断の結果です。

「B」以下になるのは、BMIや中性脂肪の値と心臓が逆時計回転の判定(血液が縦に流れること。痩せている人にみられる)です。要するにやせ過ぎによるものがメインです。
食事は、料理好きの母が素材から気を配ったものを使い、ほぼ手作り。アルコールも飲まない、タバコも吸わない、睡眠時間も6時間以上となれば、痩せているとはいえ、自然と健康体になってしまうのもうなずけます。

そして、今年も例に漏れず、しっかりとほぼ「A」判定になりました。
ということで、体はかなりの健康のようで......はい、しっかり働きます。


野菜 おはずかしながらお弁当公開
日々の食事が健康の第一歩です。
←野菜を天日に干して
栄養も倍増中...
お弁当5
お弁当1 お弁当2
お弁当3 お弁当4

▲このページの先頭へ

最近のエントリー

過去分一覧(月別)

2020年
2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
2003年
2002年
2001年
2000年

カテゴリー

執筆者一覧

お問い合わせ・ご連絡先
Copyright © 1999 - Navigate, Inc. All Rights Reserved.