ナビゲートのロゴ
ナビゲート通信は主な更新情報をお届けするメールマガジンです。ご登録はこちらから。

下記はページ内を移動するためのリンクです。

現在位置

 ホーム > 気まぐれ歳時記 INDEX >入院中:ルームメートのこと

« Back | 気まぐれ歳時記INDEX |  Next »

2010年1月21日

入院中:ルームメートのこと

category : [食・健康

writer :[の]

入院中:ルームメートのこと

私の最初のルームメートは、85歳のOさんという女性でした。
圧迫骨折と軽い認知症を患っており、看護師さんと一緒でないと歩いてはいけないのに、よく1人で動き回っては、看護師さんを困らせていました。
看護師さんがあまりに大変そうなので、私はカーテンをオープンにして、Oさんの様子を身守ることにし、いなくなったときは看護師さんに報告するようにしていました。
そんなOさん、ときどき身動きできない私のベッドのところまでやってきて、せつせつと身の上話をしていきます。

もう5、6回聞いたので、すっかり暗記しました。
必ず「今じゃさ、満でいうけど、当時は数えだったんだよ」で始まるその話は、決まって亡くなったお母さんのことでした。
「私が数えで19のとき、母親が死んじゃってね。きゃしゃな身体の人だったけど、それはもう働き者でさ。男衆と同じ大きな荷物をかついでね。当時は車なんかないからさ、坂道だってかついで登んなきゃならないんだよ。急な坂でさぁ。引越しの仕事なんて、それはもう大変でね、細い身体で無理して死んじゃってさ。まだ40半ばだったんだよ......」
推測するに、お母さんの仕事は運送関係らしい。私はいつも同じところでうなずき、同じようにあいの手を入れます。
ひとしきり話し終えると、Oさんは安心したような表情をして自分のベッドに戻っていきます。

しかし、大正、昭和、平成と生きぬいてきて、ついに認知症になってまで、思い起こされるのは66年前に死別した母親のことなのですね......。

そんなOさん、ある日ついに行方不明事件を起こし、ナースステーションの近くの部屋へ引っ越していきました。

今もルームメートに、働き者だった大好きなお母さんの話をしているのでしょうか。


( iPhoneから送信)


▲このページの先頭へ

最近のエントリー

過去分一覧(月別)

2020年
2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
2003年
2002年
2001年
2000年

カテゴリー

執筆者一覧

お問い合わせ・ご連絡先
Copyright © 1999 - Navigate, Inc. All Rights Reserved.