ナビゲートのロゴ
ナビゲート通信は主な更新情報をお届けするメールマガジンです。ご登録はこちらから。

下記はページ内を移動するためのリンクです。

現在位置

 ホーム > 気まぐれ歳時記 INDEX >入院中: 0と1の間

« Back | 気まぐれ歳時記INDEX |  Next »

2010年1月29日

入院中: 0と1の間

category : [食・健康

writer :[の]

入院中: 0と1の間

足のほうは順調に回復しつつありますが、手の方はびみょー。
それでも、腕の力とテコの原理を応用して、けっこう器用にこなせるようになってきました。我ながら上手いもんだと感心です。
ただ今、補助具無しでフォークに挑戦してますが、まだまだ大苦戦中。

入院13日め、先生が初めて握力計を持ってきて、こう言いました。
「最初はね、1、2kgだと思うけど、ガッカリしなくていいからね」
優しい先生です。私は顔を真っ赤にしてふんばりました。結果は「0」。
「あ......、ああ、大丈夫、これからだからね」
うーん、さすがに凹みます。けっこう身の回りができるようになってきたので、先生としても「0」はないだろうと思ったのでしょうね。答は物理学です。

それでも、自分の感覚としては進歩はあるのです。例えばウェットティッシュがなんとか引き出せるようになったし、ゆるい靴下ならはけました。握力が全く「0」ではできるようにならないでしょう。

0と1の間に、それなりの世界があるのです。

( iPhoneから送信)


スプーンとフォークの写真
補助具無しでフォークに挑戦

▲このページの先頭へ

最近のエントリー

過去分一覧(月別)

2020年
2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
2003年
2002年
2001年
2000年

カテゴリー

執筆者一覧

お問い合わせ・ご連絡先
Copyright © 1999 - Navigate, Inc. All Rights Reserved.