ナビゲートのロゴ
ナビゲート通信は主な更新情報をお届けするメールマガジンです。ご登録はこちらから。

下記はページ内を移動するためのリンクです。

現在位置

 ホーム > 気まぐれ歳時記 INDEX >我が甥自慢は叔母の常

« Back | 気まぐれ歳時記INDEX |  Next »

2009年4月22日

我が甥自慢は叔母の常

category : [子育て

writer :[ち]

我が甥自慢は叔母の常

姉が出産し、赤ん坊とわが家に里帰り中です。
赤ん坊は、非常にかわいい!
「かわいい」にもいろいろありますが、この「かわいい」は「いとおしい」という気持ちです。

それほど子ども好きとは言えないし、自分の子でもないし、赤ん坊に対してこのような感情が生じるとはまったく思っていませんでした。むしろ、姉の妊娠を聞いたとき、「ああこれで、姉も本当に違う家族を持つのだなあ」と寂しくもあり、うらやましくもあり、少し暗い気持ちになりました。
しかし、妊娠7か月を過ぎ、大きくなった姉のお腹に触れたときから、赤ん坊への思いは喜びに変わっていきました。生まれるのを楽しみに、祈る気持ちで待っていました。

そして、とうとう初面会の日はやってきました。

なんて無防備!
なんて小さい!
なのに暖かい!
なのに確かだ!

生まれたての生命という圧倒的な存在に、自分でもびっくりするほど驚嘆しました。その日の夜は興奮して眠れなかったほどです。生まれた赤ん坊がとても尊く思えて、数日後からしばらくわが家にやってくることが、さらに待ち遠しくなりました。

さて、実際に一緒に暮らしてみると、正直、赤ん坊はかわいいときばかりではありません。むしろその反対の時間が多いくらいです。
泣くときは、顔をしわくちゃにし、別人のような形相になってとてもブサイク。
昼夜かまわず数時間ごとに起きては泣き、起きては泣き、その声はかなり大きく、さらには「おぎゃー」というより「にゃおー、にゃおー」という変な声です。

私は、赤ん坊と隣の部屋に寝ています。ふすまで分けただけの部屋ですので、泣き声はかなりの音量で聞こえてきます。うるさくないといえば嘘ですが......。
それでも、やっぱりかわいい!かわいい!
もうメロメロです。ちょっと思い出すだけで、顔が緩んでしまいます。
平日はお昼休みに携帯電話で撮った写真をみてがまんがまん。そして家に帰るのが楽しみでしかたありません。週末が待ち遠しく、いざ週末になれば、友人との約束も断って、なにするでもなくずーっと眺めています。

新しい家族ができたことがこんなにうれしいなんて。もう少し大きくなって、モノがわかるようになったら、何を買ってあげようかしら。歩き回れるようになったら、どこへ連れて行こうかしら。
勝ち目のない本当のパパにライバル心を燃やしつつ、溺愛叔母ぶりに自分自身が驚いています。


赤ちゃんの絵 哺乳瓶 赤ちゃんの絵2
姉が子供のころに書いた赤ん坊の私 母乳をあげていますが、
大泣きするときは哺乳瓶が活躍します
私が書いた甥。
せっかくに寝たけど起こしたい

Comments:0

気まぐれ歳時記のご感想・コメントをお寄せください

Comment Form

コメントを表示する前に弊社担当者の承認が必要になることがあります。

この情報を登録しますか?

Trackback:0

TrackBack URL for this entry
https://www.navigate-inc.co.jp/MT-5.2.13/mt-tb.cgi/597
トラックバックされる際にはこの記事へのリンクをお願い致します

▲このページの先頭へ

最近のエントリー

過去分一覧(月別)

2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
2003年
2002年
2001年
2000年

カテゴリー

執筆者一覧

お問い合わせ・ご連絡先
Copyright © 1999 - Navigate, Inc. All Rights Reserved.