ナビゲートのロゴ
ナビゲート通信は主な更新情報をお届けするメールマガジンです。ご登録はこちらから。

下記はページ内を移動するためのリンクです。

現在位置

 ホーム > 気まぐれ歳時記 INDEX >CSS Nite LP,Disk7「IAスペシャル」セミナー参加

« Back | 気まぐれ歳時記INDEX |  Next »

2009年9月15日

CSS Nite LP,Disk7「IAスペシャル」セミナー参加

category : [勉強・読書

writer :[な]

CSS Niteが主催しているCSS Nite LP,Disk7「IAスペシャル」というセミナーに参加してきました。
CSS Nite主催のセミナーに参加するのは今回が2回目です。前回はXHTML+CSSについて、技術的な講義も含めてとても参考になったので、今回も期待値を高めての会場入りです。休日、しかも雨にも関わらず、400名を越える参加者だったようで会場は満席でした。
「IA」はこんなにも関心度が高いんだ〜と改めて実感。

IAとはInformation Architecture、Information Architectの2つの意味がありますが、今回のセミナーではInformation Architecture(情報アーキテクチャ)についての講義でした。

今まではディテールにこだわってページ1枚1枚を手作業で制作していた(制作できていた)静的なWEBサイトが中心でしたが、最近ではCMS等を使って何万ページ、何十万ページという大規模な動的サイトが多くなってきています。その場合、以下のことを考慮し、いかに情報を整理してわかりやすく構造化できるかが重要になってきます。
・ユーザーが迷子にならずに見たいページにたどりつける
・サイトを提供する側にとっては、見てもらいたいページまで誘導できる
・今後コンテンツが追加されていっても乱れることのないようにする

「IA」については、以前、社内でも勉強会を開き、私がプレゼンテーションを行ったのですが、実はIAというものの意味はわかっているつもりでしたが、なんとなく漠然としたところもありました。今回このセミナーに参加して他社はどう取り組んでいるのか、今後どうしていくべきなのかについていろいろとヒントが得られたように思います。
個人的におもしろかったのは、演習形式で各自がワークシートにワイヤーフレームやメニュー構成、サイトマップを考えてみるセッションです。
隣の人と解答を見比べてみると、大差はないにしてもどこかしらまとめ方に違いがあり、それぞれの経験や考え方が伺えるようで参考になりました。

セミナーで印象に残っている言葉は......
重要なのは目的を明確にし、その目的を共有化すること。目的を明確にすることで情報の構造も固まってくる。クライアントや制作会社の一方的な思い入れではなく、ユーザーの行動、ストーリーを意識し、IAを通して制作の方向性を固めていく、ということ。
当たり前のことのようでいながら、実は一番難しいことなのかもしれない、と改めて考えさせられました。


CSSNiteバナー
今回参加したセミナーはこちら

▲このページの先頭へ

最近のエントリー

過去分一覧(月別)

2020年
2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
2003年
2002年
2001年
2000年

カテゴリー

執筆者一覧

お問い合わせ・ご連絡先
Copyright © 1999 - Navigate, Inc. All Rights Reserved.