ナビゲートのロゴ
ナビゲート通信は主な更新情報をお届けするメールマガジンです。ご登録はこちらから。

下記はページ内を移動するためのリンクです。

現在位置

 ホーム > 気まぐれ歳時記 INDEX >延喜の松山行き

« Back | 気まぐれ歳時記INDEX |  Next »

2015年1月27日

延喜の松山行き

category : [旅行・海外生活

writer :[ち]

延喜の松山行き

先日、四国松山へ行ってきました。
入院した祖母のお見舞いが目的だったので、従姉妹も誘って2人で行くことになりました。
実は一緒に旅行するほど仲が良いわけではなく、遠方なこともあり小さい頃から2回くらいしか会ったことのない従姉妹です。数年前に祖父が他界した時に、親戚一同のなかで私たちが一番年下だったこともあって、お茶汲みや買い出しなどを一緒にやっているうちに意気投合しました。歳が同じであることはもちろん、何と言っても親同士が兄弟。親に対する微妙な思いもあうんの呼吸でわかってしまうことが痛快でした。友人とも姉妹とも違う関係がとても楽しい。アラフォーになってこんな出会いがあるなんて!これもきっと祖父母が結んでくれた縁なのでしょう。

さて、女ふたり。あまり知らない街に来たとなれば、アレコレ見て回るために、数メートル歩くだけで時間がかかります。ここは松山、名物はみかんやら温泉やら、誘惑はいっぱいです。お見舞いの予定以外は何もなかったのにかかわらず、「祖母を元気づける」という大義を忘れそうになりました......。


街に到着してすぐに買いこんでしまった「労研饅頭」さん。素朴な見た目と味で毎日食べても飽きなそうです。

マントウ1 マントウ2
レトロな雰囲気に心奪われ、近寄ってみると ほんのり甘い味でフワフワ。
中国のマントウに似ています

みかんどころならではの、みかんパラダイス。うわさの(?)蛇口から出るみかんジュースも探してみましたが見つけられず残念でした。

みかん1 みかん2
みかんジュースの飲み比べセット みかんの種類を見よ!感激です
みかん3 みかん4
「みかんおにぎり」
鶏肉等との味のバランスが最高です
アチコチで見かける搾りたてのジュース
いろんな種類でのブレンドも自由

道後温泉にも行きました。中は撮影禁止なので残念ですが、お茶菓子が付く「霊の湯」に入ってみました。連休中だったこともありとても混んでいましたが、心身温まります。温泉の中にはみかん石鹸があり、良い香りでした。

道後温泉1 道後温泉2
道後温泉本館です。 夜の様子も美しい
松山の列車1 松山の列車2
坊ちゃん列車。今回も乗れずじまい... 路面電車。見て楽しい乗って楽しい
じゃこ天1 じゃこ天2
松山の名物といえば
「じゃこ天」も忘れちゃいけません
写真はそれを揚げた「じゃこカツ」
太刀魚をあぶったものも最高。
魚天国でもあります
じゃこ天3 じゃこ天4
そして「じゃこ天うどん」
「石松うどん」さんにて
カレーうどんもおいしそうでした
翌日も「じゃこ天うどん」
「かけはし」さんにて
揚げたてをねらいたい
松山1 ホテルに戻ってカップらーめんとうどん
関東ではあまりみないメーカーだったのでつい......
うどんのダシはやっぱり
関西風なのかな?っと興味がわきました
松山1 松山2
まだまだ名物、松山鮓 関東で食べるラーメンは苦手なのですが
松山のラーメンは好きでした!

このほか、石手寺近くの「おやき」や、ちょうどお店がお休みで食べられなかった「鍋焼きうどん」などなど、まだまだ紹介したいものがありますが......食べるばかりではありません。四国といえばお遍路さんで有名ですが、お参りも旅の楽しみです。心も胃も満足した感謝とともに、世の中の平和を願って......。

松山3 松山4
四国八十八ヶ所巡り
51番札所の石手寺
お寺の後ろに洞窟があり
ありがたいお言葉が書かれています
松山5 松山6
伊佐爾波神社 湯神社側の中嶋神社
お菓子の神様なんだそうです

一日早く従姉妹が帰ってしまったので、私は一人松山城へ行ってみました。ロープウェイを使わず、山道を歩いて天守閣まで行ってみました。

松山7 松山8
松山城へ 美しい城下の風景

その日は平日だったこともあり混んでおらず、いつもは子供たちで人気の鎧の試着コーナーに誰もおりません。チャンスとばかりに一人で着てみました。通り過ぎる人たちが「あのおばちゃん一人でなにやってんだ......」的な目を向けてきますが気にしません。重量があるので金具を締めるのが難しくて、気がつけば後ろ前反対になっちゃいましたが、なんとか完成。前世武士だったと言われたことがありますが、とてもこれを着て走るのは無理......戦いのない時代に生まれてよかったです。

松山9 松山10
鎧一式。重い! 「いざ出陣じゃ!」という文字に惹かれました......
松山11 戻りの飛行機より。
名残惜しい気持ちで振り返ると
美しい風景でした


  • タイトルの「延喜の松山行き」は愛媛のことわざです。「延喜は今治市の地名を指し、やりかけたことを変更・中止すること、または計略をめぐらしてご馳走にありつくこと」という意味です。


▲このページの先頭へ

最近のエントリー

過去分一覧(月別)

2020年
2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
2003年
2002年
2001年
2000年

カテゴリー

執筆者一覧

お問い合わせ・ご連絡先
Copyright © 1999 - Navigate, Inc. All Rights Reserved.