ナビゲートのロゴ
ナビゲート通信は主な更新情報をお届けするメールマガジンです。ご登録はこちらから。

下記はページ内を移動するためのリンクです。

現在位置

 ホーム > 気まぐれ歳時記 INDEX >凧揚げに思いを馳せて

« Back | 気まぐれ歳時記INDEX |  Next »

2021年1月14日

凧揚げに思いを馳せて

category : [日常生活

writer :[ゆ]

凧揚げに思いを馳せて

年明けに凧揚げをしました。
ここ数年、我が家では凧揚げをすることが恒例になっています。
その凧は、主人が昨年亡くなった父から教わったオリジナルの凧で、尾っぽがとても長いのが特長です。
凧揚げをしている人を見かけても、同じような形をした凧は見かけたことがありません。

材料は、半透明のゴミ袋、竹ひご、凧糸(ボビン巻き)。シンプルな材料で手際よく作ります。
娘にとっては、凧に好きなイラストを描けることも楽しみになっています。
今年は、大好きな鬼滅の刃、学校、お正月小物をモチーフにしたイラストになりました。
凧が完成したので、さっそく近所の公園へ。

その日は、ちょうど快晴。青空の中、そよ風にのって凧はぐんぐん上昇します。
凧糸もぜんぶ出て、100メートルくらいの高さまで上がりました。
尾っぽの部分が長いので、まるで鬼太郎の一反もめんのように空を泳いでいます。

「じっちゃん、お空から凧が見えますか?」
娘が言った言葉に、少し切なくなります。
昨年を振り返り、凧を見上げながらいろいろな思いを馳せます。
きっと見えていることでしょう。

大変な状況下ではありますが、今年もどうぞよろしくお願いいたします。


凧揚げ全体 凧
青空の中、気持ちよさそうに凧が泳いでいます。

▲このページの先頭へ

最近のエントリー

過去分一覧(月別)

2021年
2020年
2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
2003年
2002年
2001年
2000年

カテゴリー

執筆者一覧

お問い合わせ・ご連絡先
Copyright © 1999 - Navigate, Inc. All Rights Reserved.