ナビゲートのロゴ
ナビゲート通信は主な更新情報をお届けするメールマガジンです。ご登録はこちらから。

下記はページ内を移動するためのリンクです。

現在位置

 ホーム > 気まぐれ歳時記 INDEX >まるめてこねパン

« Back | 気まぐれ歳時記INDEX |  Next »

2020年2月21日

まるめてこねパン

category : [日常生活

writer :[ゆ]

まるめてこねパン

ちまたで大人気のすみっコぐらし。
娘もこのキャラクターが大好きで、何かとすみっコぐらしのアイテムを集めたがっています。

昨年のクリスマスでは、サンタさんにすみっコぐらしのゲームをお願いしていた娘ですが、サンタさんはゲームではなくベーカリーキットとなる「まるめてこねパン」をプレゼントしたのでした。
待ち望んでいたゲームではなかったことにちょっと残念そうではありましたが、「将来はパン屋さんになりたいと思っていたから、サンタさんがプレゼントしてくれたんだね」と気持ちを切り替え、「まるめてこねパン」に興味を持ってくれました。

そして、一緒にパン作りにチャレンジをすること数回。
私自身、これまでパンを作ったことがなくドキドキでしたが、説明書の手順を見ながら進めていきました。

大まかな手順は、こんな感じです。
1)付属のポットに材料を入れて、ハンドルを80回ほど回転させます。
2)一次発酵で60分待ち、生地を少しふっくらさせます。
3)生地を6等分して、耳や手のパーツをくっつけていきます。
4)二次発酵で30分待ち、オーブンで焼き上げます。
5)粗熱がとれたら、チョコペンでキャラクターの顔を描いていきます。

説明書には簡単そうに書かれていますが、実際やってみると3)や5)のあたりは、なかなか上手くできませんでした。
説明書の写真とは比べものにならないほど、不恰好な形となったすみっコぐらし(しろくま、とんかつ)となりましたが、それでも自分たちでがんばって作ったパンを温かいうちに食べると、優しい甘みが口の中にひろがり笑みがこぼれました。
しかし、なかなか手がかかるパンのため、今後時間と気持ちに余裕がないとやれなさそうです......。


ポット ボール
何度もぐるぐる回して、材料を混ぜ合わせます。 混ざりが足らず、仕上げは手でこねました。
白いのパン しろくま
着色料などを使わずにシンプルな白いパンに。 「しろくま」ができました。
茶色のパン とんかつ
ココアの粉を混ぜて茶色のパンに。 「とんかつ」ができました。

▲このページの先頭へ

最近のエントリー

過去分一覧(月別)

2020年
2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
2003年
2002年
2001年
2000年

カテゴリー

執筆者一覧

お問い合わせ・ご連絡先
Copyright © 1999 - Navigate, Inc. All Rights Reserved.