ナビゲートのロゴ
ナビゲート通信は主な更新情報をお届けするメールマガジンです。ご登録はこちらから。

下記はページ内を移動するためのリンクです。

現在位置

 ホーム > 気まぐれ歳時記 INDEX >松陰先生に会いに行く

« Back | 気まぐれ歳時記INDEX |  Next »

2019年4月19日

松陰先生に会いに行く

category : [日常生活

writer :[ゆ]

松陰先生に会いに行く

ここ最近、不思議なことにテレビや本などで、やけに吉田松陰の名前や言葉を目にするのです。
歴史ものを好んで見ているということもありますが、まったく関係のないときにも出くわすことがあり、これは何か引き寄せられているのかもしれないと思うほど......。
そして、幕末の教育者であり思想家であった吉田松陰という人物を知れば知るほど、尊敬の念が湧き、いつしか自分の中で松陰先生と呼ぶようになりました。
できることなら、ゆかりの地である山口県の萩に行ってみたいところですが、なかなか行く機会に恵まれず、まずは世田谷にある松陰神社にお参りに行ってみようと思い立ちました。

自宅から約1時間半ほどで到着。
三軒茶屋から乗った世田谷線は、2両編成のかわいらしい電車で、のどかな街並みを通り抜けます。
駅を降りると懐かしい雰囲気の商店街があり、その中を歩いていくとすぐに松陰神社に着きました。
神社周辺には、かわいらしいカフェや専門店などもあり、古さと新しさを兼ね備えた街として若者にも人気のエリアになっているのだとか。

立派な鳥居をくぐると松陰先生の銅像が迎えてくれ、やっと会えました!という喜びを一人噛みしめつつ参拝し、お墓参りをしました。
その後、社務所に寄り御朱印をいただくと、なんともありがたい気分に。
「吉田松陰先生御言葉みくじ」を引いてみると、こんな言葉が書かれていました。

「天下なすべからざるの地なく、為すべからざるの身なし」
どんな地位にあっても、どんな身の上にあってもするべき事はあるものです。
神様から授けられた人生での役割がなにかを探求し、学んだことを社会に生かすことが大切です。

うーむ、深いお言葉です。
境内には、かつて指導を行っていた松下村塾のレプリカもあり、このような環境で幕末の志士たちが切磋琢磨した場所かと思うと感慨深くなりました。
今では、学業の神様として慕われているそうですが、私も松陰先生の教えを胸に刻んで、日々精進していきたいと思うのでした。

■松陰神社
https://www.shoinjinja.org/


           
松陰神社 吉田松陰の銅像
念願の松陰神社です。松陰先生の銅像です。
ご朱印 完食
ご朱印をいただきました。しおりつきです!娘と一緒に御言葉みくじ。
松下村塾 完食
松下村塾のレプリカです。講義室は、凛とした雰囲気。
世田谷線 商店街
2両編成の世田谷線です。レトロな雰囲気の商店街も魅力的。

Trackback:0

TrackBack URL for this entry
https://www.navigate-inc.co.jp/MT-5.2.13/mt-tb.cgi/4356
トラックバックされる際にはこの記事へのリンクをお願い致します

▲このページの先頭へ

最近のエントリー

過去分一覧(月別)

2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
2003年
2002年
2001年
2000年

カテゴリー

執筆者一覧

お問い合わせ・ご連絡先
Copyright © 1999 - Navigate, Inc. All Rights Reserved.