ナビゲートのロゴ
ナビゲート通信は主な更新情報をお届けするメールマガジンです。ご登録はこちらから。

下記はページ内を移動するためのリンクです。

現在位置

 ホーム > 気まぐれ歳時記 INDEX >倉庫の5Sにチャレンジする

« Back | 気まぐれ歳時記INDEX |  Next »

2018年10月 1日

倉庫の5Sにチャレンジする

category : [日常生活

writer :[ね]

倉庫の5Sにチャレンジする

私の長男・次男が所属する少年サッカーチームには、道具を保管している小さな倉庫があります。
夏のある日、この倉庫へ夏合宿で使う道具を取りに行ったところ、その乱雑具合にあぜん!
入り口付近からモノが置かれ、中に入ることができません。
なんとか裏口から入るも、まさに足の踏み場もない状態で、必要な道具を引っ張り出すのがやっとでした。

実は長男の学年は今年度でチームを卒業します。
そこでチームへの恩返しの一つとして、5Sプロジェクトを担当した経験のある私が音頭を取って、この倉庫の(ミニ)5Sに取り組むことにしました。

事前に涼しくなったら5Sを行うことをチーム全体に宣言。
当日は長男の学年選手14名を作業員として招集。
またチームの代表2名にも来てもらいました。

作業開始前に、本日の手順を以下のように定めて説明。

 1)まずは倉庫内の道具を全て外に出す
 2)出した道具は、カテゴリーごとに分類する
 3)一つ一つ道具を開いてチェックし、壊れているものは廃棄対象とする
 4)廃棄の判断に迷うものは、その場で代表者2人に確認し、廃棄するかどうか決定する
 5)残した道具はリストとして書き出す
 6)使用頻度や使いやすさを考慮して、倉庫内配置を決定する

作業開始。
小さな作業員達を正門口班と裏口班に分けて、搬出作業をスタート。
すぐに「疲れた、疲れた」とぼやいたり、倉庫内にあった拡声器やボールで遊び始めたりしますが、準備してきたジュースとお菓子を与えてモチベーションの維持につとめます。

荷物を搬出したら、次は要・不要の判断。
チームは40年以上の歴史があるため、代表者も判断に迷うものもたくさんあったようですが、
私が所属し始めた6年前から1度も使っていないものは、きっと今後も使うことはない!と提案し、ガンガン廃棄決定。

倉庫内レイアウトでは、通路を確保するため、床への直置きをできるだけ避け、釘やS字フックを使ってモノを壁につるすようにしました。
袋やケースに入っているもので、開けてみないとわからないモノは表にテープで品名を明記。
バラバラとモノが置かれてしまいそうなところには、置き場表示をして、定品・定置管理するなど様々な工夫を行いました。

不要品を思い切って廃棄することで、スペースにかなりの余裕が生まれ、通路もきちんと確保できました。
あとはこの状態が少しでも維持されるよう、チーム全体に作業完了報告とルール厳守を通達しました。

約2時間の作業を経て、今回の5Sは終了!私の思いつきに手を貸してくれた選手に感謝です。

(ちょっと宣伝)
ナビゲートでは、5S活動の支援を行っております。
お気軽にお問い合わせください。
 →5Sコーナーへのリンク


片付け前 裏口 作業中
足の踏み場もない状態! 裏口からの様子。なにがなんやら。 作業員達はブツブツ言いながらも搬出作業。
廃棄品 アフター1 アフター2
廃棄品の一部。この3倍以上の道具を不要品として判断しました。 無事に通路を確保! 置き方や表示にも工夫を加えました。

Comments:0

気まぐれ歳時記のご感想・コメントをお寄せください

Comment Form

コメントを表示する前に弊社担当者の承認が必要になることがあります。

この情報を登録しますか?

Trackback:0

TrackBack URL for this entry
https://www.navigate-inc.co.jp/MT-5.2.13/mt-tb.cgi/4150
トラックバックされる際にはこの記事へのリンクをお願い致します

▲このページの先頭へ

最近のエントリー

過去分一覧(月別)

2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
2003年
2002年
2001年
2000年

カテゴリー

執筆者一覧

お問い合わせ・ご連絡先
Copyright © 1999 - Navigate, Inc. All Rights Reserved.