ナビゲートのロゴ
ナビゲート通信は主な更新情報をお届けするメールマガジンです。ご登録はこちらから。

下記はページ内を移動するためのリンクです。

現在位置

 ホーム > 気まぐれ歳時記 INDEX >カンガルーに癒される

« Back | 気まぐれ歳時記INDEX |  Next »

2013年7月24日

カンガルーに癒される

category : [日常生活

writer :[よ]

カンガルーに癒される

先日、富士サファリパークに行ってきました。
サファリパークといえば、ライオンやトラ、熊などの動物を間近で見ることができる、また、自分で餌をあげることができる、など、普通の動物園では味わえない醍醐味が特徴かと思われます。
今回、私もそれはそれで堪能したのですが、意外に楽しめたのは、なんとカンガルーたちです。

富士サファリパークには、アカカンガルーが柵の中に放されており、人間もその中に入って触れ合うことができます。カップに入った50円の餌を購入すれば餌をあげることもでき、カンガルーからの人気度はぐんと高まります。お腹の袋に赤ちゃんを入れている母親カンガルーもいたので、その微笑ましい姿を見たく、ついふらりと餌を買いカンガルーゾーンに入り込んでしまいました。

しばらく餌をあげながら、たくさんのカンガルーとお近づきになるべくがんばっていたのですが、よく観察していると、カンガルーのいろんな表情が見えてきました。
たとえば、仰向けに寝転んでお腹をかいているカンガルー(その姿は人間のお父さん方にも見られるかと......)。
そして一番笑えたのは、後ろ足で立ち上がって取っ組み合いをしているカンガルーたちです。果たして遊んでいるのか、それとも本当に戦っているのか......。
ボカボカとパンチもあれば、両足キックも飛んでいるようです。そして、そんな激しい取っ組み合いをしながらも、途中で立ち上がったまま体を掻いているカンガルーもいます。

私のこれまでのカンガルーに対する印象は、「お腹の袋の中で赤ちゃんを育てる有袋類で、おとなしくて愛らしい」だったのですが、そんな姿を見ると(動物園だからということもありますが)のんびりと気ままに生きている、なんとも人間臭い印象に大変身してしまいました。

カンガルーたちの無邪気な?取っ組み合いを見ていると、「最近、真剣にだれかと喧嘩したかな?」とふと自分に問いかけたりします。
「激しく喧嘩はするけれど、そのあとでまた元の仲良しに戻れる」そんな本能のままに生きているカンガルーに大ウケをしながらも、非常に癒されたひとときでした。


サファリ1 サファリ2
サファリパークといえば、迫力ある
こういったシーンが浮かびますが
今回、私の中の主役は、こちらです。
サファリ3 サファリ4
お腹の袋から赤ちゃんが顔を見せる、愛らしい姿! 餌を持っている[よ]は、人気者です。
サファリ5 サファリ6
突如始まる、激しい取っ組み合い。 かなり激しく、ポカポカやっています。
サファリ7 サファリ8
でも、けんかの合間にも、お腹をカキカキ こちらはくつろいだ姿勢で、カキカキ......。

▲このページの先頭へ

最近のエントリー

過去分一覧(月別)

2020年
2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
2003年
2002年
2001年
2000年

カテゴリー

執筆者一覧

お問い合わせ・ご連絡先
Copyright © 1999 - Navigate, Inc. All Rights Reserved.