ナビゲートのロゴ
ナビゲート通信は主な更新情報をお届けするメールマガジンです。ご登録はこちらから。

下記はページ内を移動するためのリンクです。

現在位置

 ホーム > 気まぐれ歳時記 INDEX >今年のクリスマスツリーは......。

« Back | 気まぐれ歳時記INDEX |  Next »

2012年12月13日

今年のクリスマスツリーは......。

category : [日常生活

writer :[よ]

今年のクリスマスツリーは......。

今年もクリスマスシーズンになりました。
緑と赤をベースに金や銀など、街を彩るその華やかな色合いのツリーやさまざまなオブジェ、関連商品は、見ているほうも心がウキウキしてきます。

しかし、実は私、部屋にこういった色合いのツリーやリースなどを飾るのは苦手です。
わが家は物があふれ返りごちゃごちゃしていますが、それでも白をベースに自然素材の色で揃えるよう努力しており、そこにいきなり緑や赤の濃い色が入ると、なんだか気持ちが落ち着かなくなってしまいます。それにツリーは縦横高さともけっこうなスペースが必要で、狭い部屋にツリーなど飾ると、生活スペースがなくなってしまいます。
できればクリスマスツリーは外で楽しむ物......、としておきたいのですが。

しかし小学生の娘は、街がクリスマス色になるにしがたい「早くツリーを飾れ」と催促するので、"小さいうちは仕方ない、しばらく妥協して飾ろうかな"と思っていた矢先。
友人から、フェルトで作り、壁に飾るツリーを紹介してもらいました。
100円ショップで売っている、大きな緑のフェルト(実は、寝ている間にサンタさんからのプレゼントを入れてもらうための大きな袋)をツリーの形に切り、壁に貼って、あとは、やはりフェルトなどで作ったオブジェや毛糸などで飾っていくだけだそうです。
子どもにとっては、自分で楽しみながら好きな形に切っては貼り、と手作りできますし、場所を取らずしかも飾っている壁が部屋の奥まっているところなので、通常目に付きくく、私もいろんな意味でジャマになりません。

立体的ではないため、ちょっと寂しいかな?と、花屋で小さな「クレスト」という植物を買い、色合い控えめなツリーも作成しました。
こちらの大きさは、テレビのリモコンサイズ。
これなら場所も取らず、ささやからながらクリスマス感覚を味わうことができそうです。


フェルトツリー。 ツリー
壁に掛けているので、省スペースです。 リモコンサイズのツリー!

▲このページの先頭へ

最近のエントリー

過去分一覧(月別)

2020年
2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
2003年
2002年
2001年
2000年

カテゴリー

執筆者一覧

お問い合わせ・ご連絡先
Copyright © 1999 - Navigate, Inc. All Rights Reserved.