ナビゲートのロゴ
ナビゲート通信は主な更新情報をお届けするメールマガジンです。ご登録はこちらから。

下記はページ内を移動するためのリンクです。

現在位置

 ホーム > 気まぐれ歳時記 INDEX >「下味冷凍」にはまる

« Back | 気まぐれ歳時記INDEX |  Next »

2021年6月24日

「下味冷凍」にはまる

category : [食・健康

writer :[ゆ]

「下味冷凍」にはまる

最近、ちまたで話題(?)となっている「下味冷凍」にはまっています。
これまで、週末にまとめ買いした肉、魚などは、小分けして冷凍するくらいでしたが、冷凍する際に下味を付けてから冷凍すると、味が染み込んで美味しくなり、基本的にフライパンで焼くだけという手軽さが魅力です。

そんなわけで、ある日の週末、「下味冷凍」をいろいろと作ってみました。
ジッパー付きの袋に調味料を入れ、軽く振ったり揉んだりしながら混ぜ合わせます。
その中に肉、魚などの食材を入れ、さらに揉み込み、ジッパーで閉じて平らにしたら冷凍庫へ。
この日に作った「下味冷凍」は、こちら。
・豚肉の甘辛だれ
・豚ロースのニンニクみそ漬け
・鶏もものスパイシーソース←(しょうゆ、ウスターソース、カレー粉など)
・鶏胸のオイマヨ漬け←(オイスターソース、マヨネーズ)
・鮭のみそ漬け

朝に今日の夕飯はこれ!と決めたものを冷蔵庫へ移しておくと、夜にはほどよく解凍され、夕飯の支度でさっと焼くことができます。
さっそく、豚肉の甘辛だれをタマネギと一緒に焼いて食べたところ、なかなかいいお味。残りのものも追々食べてみたいと思います。
適当でずぼらな私でもこれなら続けていけそうで、調味料を調合して揉み込む工程がまるで実験のように楽しく気に入っています。

そんな話を社内で[の]に話したところ、「下味冷凍」に参加してくれました。
しょうが、ニンニクはチューブに頼らずにすりおろして使うという本格派。
さらに、しょうが、ニンニクは、あらかじめすりおろし、小分けして冷凍しておくのもおすすめのようです。
こちらも実践してみたいと思います。


肉、魚 調味料の調合
多めに肉や魚を買い込んできました。 調味料を調合します。
揉み込む 調理
肉に調味料がからむようによく揉み込みます。 ある日の夕飯。フライパンで焼くだけという手軽さ。
しょうが、ニンニク 調理
[の]の調理の様子。写真を提供してもらいました。 しょうが、ニンニクでしっかり下味。

▲このページの先頭へ

最近のエントリー

過去分一覧(月別)

2021年
2020年
2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
2003年
2002年
2001年
2000年

カテゴリー

執筆者一覧

お問い合わせ・ご連絡先
Copyright © 1999 - Navigate, Inc. All Rights Reserved.