ナビゲートのロゴ
ナビゲート通信は主な更新情報をお届けするメールマガジンです。ご登録はこちらから。

下記はページ内を移動するためのリンクです。

現在位置

 ホーム > 気まぐれ歳時記 INDEX >ついに金環日食

« Back | 気まぐれ歳時記INDEX |  Next »

2012年5月21日

ついに金環日食

category : [イベント

writer :[よ]

ついに金環日食

2012年5月21日は、金環日食が日本各地で観察できる貴重な日、テレビでも特集が組まれ、お祭りムードです。

横浜は食分(月が太陽を隠す程度を表す数値)が0.968と比較的高く、太陽と月が重なる瞬間を観察するには絶好のロケーション!自宅、会社とも横浜の私にとって、遠くに出かけることなく見れるのは非常にラッキーです。
モタモタしている間に売り切れ寸前になった日食メガネをインターネットにて滑り込みで入手、朝の太陽の位置とメガネの使い方?も事前に確認し、21日を迎えました。
天気は数日前から「薄曇り」との予報、予報どおりで今朝はなんだか天気がさえません。
横浜では金環食の状態になるのは7時31分ごろなので、7時にはすぐ近くの公園で観察を始めたのですが、玄関を出たらパラパラと小雨の音がします。どうか、少しでも晴れてくれますように!
登校準備を早々に済ませた小学2年の娘とともに、傘をさして公園で観察開始、ぞろぞろと数家族が集まってきます。

幸い雨はすぐにやみ、去っていく雨雲の合間から少しずつ観察することができました。
まず、右上から月が太陽に重なっていき、部分日食が始まります。
グレーの雨雲の向こうにある太陽と月の重なり、光は感じるのですが、日食メガネをかけると真っ暗で見えないため、そんなときは、いけないと思いながらも結局メガネを外して素早く観察します。
雲間から見える、うっすらとした太陽と月の光の演出はなかなか素敵で、途中雲がなくなる瞬間もあり、7時30分すぎに金環日食をメガネにて観察できました。カメラの腕前はなく、また観察に必死のため、残念ながらリングの写真は撮れませんでしたが、実際に見れて大満足、それぞれ学校へ、仕事へと向かいます。
金環が終了したあとも、公園から駅に向かう道で、乗り換えの駅のホームで、駅から会社に向かう道で......。立ち止まってはメガネで空を見上げるたびに日食はどんどん進みます。9時過ぎに会社のベランダから月が完全に抜け太陽が丸く見えたところで日食観察は終了しました。

ところで、若かりしころDREAMS COME TRUEが好きで、よく「時間旅行」という歌を歌っていました。その中の歌詞「指輪をくれる?ひとつだけ2012年の金環食まで、待ってるから〜〜」というフレーズがあるのですが、お恥ずかしながら、金環日食のことなど全く知らずに大声で元気よく歌っていました。
今度歌うときは、今日見た日食を思い出しながら、心を込めて歌えるような気がします。



金環1 金環2
雨雲の向こうに太陽が!
雲よ、消えてください。
ちらちらと光が見えます。
金環3 金環4
観察の合間は鉄棒の自主トレ! 遊びたいけど......
日食も観察しなくちゃ!

▲このページの先頭へ

最近のエントリー

過去分一覧(月別)

2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
2003年
2002年
2001年
2000年

カテゴリー

執筆者一覧

お問い合わせ・ご連絡先
Copyright © 1999 - Navigate, Inc. All Rights Reserved.