ナビゲートのロゴ
ナビゲート通信は主な更新情報をお届けするメールマガジンです。ご登録はこちらから。

下記はページ内を移動するためのリンクです。

現在位置

 ホーム > 気まぐれ歳時記 INDEX >研修歳時記:5月病

 | 気まぐれ歳時記INDEX |  Next »

2000年4月29日

研修歳時記:5月病

category : [仕事・職場

writer :[の]

よい季節になりました。
今年採用された新入社員の方は、みなさん生き生きハツラツしてますか?

そろそろ新入社員研修も終わり、それぞれの職場へと送り出されたことと思います。
あとは、職場のOJT担当者にバトンタッチ、といったところでしょうか。

研修担当の方の中には、採用を兼務されてる場合も多いでしょうから、
欠員の補充に大わらわ、という方もいらっしゃるかもしれません。
あるいはもう来年度の採用に向けて、スタートされているかもしれませんね。

さて、ゴールデンウィークを境に、新人達の心境にも変化が顕れるようです。

厳しい就職戦線を駆け抜けてきた人達が、そろそろ緊張の糸も緩み、
理想と現実のギャップにとまどいはじめる今日この頃。「こんなはずでは......」「これでいいのだろうか......」と。
また、張り切り過ぎてオーバーヒートするのもこの頃です。
これまで外へ外へと向かっていた意識が、とたんに内側へと向かいはじめ、心が揺らぎます。

ナーバスになるのは、なにも新人ばかりではありません。
昇進・昇格、配置転換、転勤 ......と、何かとドラマチックなこの季節。
「五月病」とか「六月病」といった言葉もささやかれます。

自分の内面と対峙するのは決して悪いことではありません。むしろ大切なことでしょう。
「五月病」は、現実を受け入れて前向きに生きれるようになるための、1ステップかもしれませんね。

さてさて、せっかく採用した貴重な人材。
貴社ではどのようなメンタルケアをされてるでしょうか?

......というわけで、第1回めのテーマは「5月病」。
関連リンクをご紹介しましょう。


■ リンク一覧

新生活スタート1カ月後が要注意なんですね

「OJT実践ノート」には、新人の様子をチェックするポイントも載っています。


OJT実践

▲このページの先頭へ

最近のエントリー

過去分一覧(月別)

2020年
2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
2003年
2002年
2001年
2000年

カテゴリー

執筆者一覧

お問い合わせ・ご連絡先
Copyright © 1999 - Navigate, Inc. All Rights Reserved.