ナビゲートのロゴ
ナビゲート通信は主な更新情報をお届けするメールマガジンです。ご登録はこちらから。

下記はページ内を移動するためのリンクです。

現在位置

 ホーム > 気まぐれ歳時記 INDEX >3カ月面談

« Back | 気まぐれ歳時記INDEX |  Next »

2007年6月27日

3カ月面談

category : [仕事・職場

writer :[K]

ナビゲートでは、入社して3カ月が経過した時点で面談を実施しています。
まあ、儀式といえばそれまでですが、3カ月程度が経過すると会社のこともわかってくるでしょうし、このあたりで一度、職場に適応できているかとか、入社前のイメージや約束と違っていたことはないかとか、何でもいいので新人から話を聞くようにしています。それと、私のほうもこのタイミングで面談がセットされていると、話のネタをつくるためにちゃんと観察しておかなきゃという意識が働きますし、わりといいしくみだな、と思っています。

その3カ月面談の時期がまたやってきました。4月に入社した新入社員との面談です。OJTリーダーがとてもよく面倒を見てくれていて、ここまでは順調に来ているように感じています。OJTの進捗状況は随時報告を受けていますが、予定が前後したり指導のペースを調整したりということはあったものの、心配するようなことはほとんどありませんでした。いつもの3カ月面談だと、仕事への興味とか、周囲となじんでいるかとか、時間的、精神的に無理をしていないかとか、気掛かりなことがたくさんあるのですが、今回は安心、安心です。

......でいいのかな? と、面談日時を決めたあと、ふと不安がよぎってしまいました。こうしてこちらが安心しきっているときほど、どんでん返しがあるものです。会社の側から見ると何ら問題なくても、新人の側から見て会社や仕事や人間関係などに問題がないとは限りません。ひょっとして、私がよく観察できてないだけかもしれません。 そう思って、この3カ月間のことをいろいろ思い起こしてみました。確かに今回は、私自身が新入社員と絡む場面は多くはありませんでした。新人に予定している担当業務の関係もありますし、他の先輩スタッフがそれぞれ成長して、私が出る幕がなかったこともあります。ですが、丸一日私の指導日もあったし、同行もしたし、新人の研究課題を話題にしてあれこれ話したこともありました。これまでの新人と比べても特別接点が少なかったということはありません。ただ、私が気をもむことがなかったことで、表面的なところだけしか見きれてないかもしれない......、そんな気がしてきました。

う〜ん、まだ本性をつかんでないな。

今年の新入社員も女性ですが、どちらかというと素朴な印象があります。かといって、とろいとかおっとりしているとかでなく、都会を生きていくたくましさとかすばしっこさを持ち合わせているように感じます。大学四年のときもたくさん授業が残っているというので卒業が危ないのかと思ったら、取れる単位は全てとらないと損、と考えていたようです。経済的には苦学生で、自分で学資を稼いで大学に通っていたことがどん欲さの源のようですが、自腹を切っていた分だけ、大学の講師陣のパフォーマンスにもかなり厳しい採点をしていたようです。

学生時代のアルバイト先では必ず他のスタッフの人を怒らせてきたとか。協調性に欠けるという感じはしませんが、頭の回転が驚くほど早いので、周囲を置いてきぼりにしてしまうようなところがあったのかもしれません。何事にも自分の意見をもって堂々と主張する強さがあるようなので、その分、衝突も多くなるのかもしれません。鈍感なタイプならそれでもすみますが、どうも人との関わりではかなり繊細でひ弱な部分を持ち合わせているようにも感じます。

入社して3カ月。ここまでは周囲とも和やかに仕事をしているようです。ときどき抜群の集中力で一気に難しい課題をこなしてしまうことがあるようですが、まだ仕事をこなせず悩んでいたり苦しんでいたりという様子はないので、本人にとっては余裕の範囲なのかもしれません。 仕事のスキル面ではまだまだ先輩社員と比較するレベルではありませんが、基本的なスキルが身に付いてきて、本格的に仕事を担当しはじめたとき、周囲とうまくハーモニーを奏でることができるのか、空回りして周囲とあつれきを生じさせるのか、とても楽しみにしています。

彼女が本性を現してくるのはその段階かな。

さて、問題の3カ月面談は数日後。こうして手の内を明かしてしまいましたので、「やっぱり、全然見てくれていない!」という反発が出ないことを祈ることにします。 ただ、お互いに様子見の期間は終わりですので、彼女が自分の能力をセーブして周囲と協調するのでなく、担当する仕事に熱中し、安心して失敗もできる環境に近づけるための対話にしたいものです。 おそらく、彼女が集団の中で自分をうまく表現し、活かせるようになるにはもうしばらく模索が続くはずだと思います。まだ若いので周囲とも衝突すればいいし、共感性とか柔軟性とかを身に付けるのはもっと先でいいと思います。それまでは自分自身で気づいてなかった才能や、自分にはない先輩社員の良いところをたくさん発見してくれることを願っています。


▲このページの先頭へ

最近のエントリー

過去分一覧(月別)

2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
2003年
2002年
2001年
2000年

カテゴリー

執筆者一覧

お問い合わせ・ご連絡先
Copyright © 1999 - Navigate, Inc. All Rights Reserved.