ナビゲートのロゴ
ナビゲート通信は主な更新情報をお届けするメールマガジンです。ご登録はこちらから。

下記はページ内を移動するためのリンクです。

現在位置

 ホーム > 気まぐれ歳時記 INDEX >フランス旅行記 〜パリ0地点で願う〜

« Back | 気まぐれ歳時記INDEX |  Next »

2003年10月 7日

フランス旅行記 〜パリ0地点で願う〜

category : [旅行・海外生活

writer :[ち]

フランス旅行記 〜パリ0地点で願う〜

9月16日快晴。
昨夜は、2段ベットの1段目を借り、ぐっすりと寝ました。
授業が始まる3時過ぎまで、友人がパリを案内してくれることになりました。
友人の家からエッフェル塔までは歩いて15分程です。
青空をバックにエッフェル塔が映えます。
つい先日まで自分がヨーロッパに来るなんて思わなかったことを考えると、「私、今パリにいるなんて、信じられない!!」とまたもや感動しました。
塔からセーヌ川をにかかるイエナ橋を渡って、シャイヨー宮まで行きました。
パリの空はとても広く、澄んでいて(私が訪れたときは本当に運良くいい天気だったので、よけいにきれいでした)気持ちがよかったです。
そこからは地下鉄に乗りました。
フランス観光には便利な「カルト・オランジェ」を買いました。
これは毎週末に発行される月曜日から日曜日まで有効の地下鉄・バスのパスチケッ トで、使用するエリアを選んで買います。
これ以外に、初めての人は写真を用意し、カードを作成します。これは一生使えるカードだそうです。
フランスの地下鉄やバスは、エリア内なら料金が均一です。入口の改札は自動で、出口はチケットチェックがありません。 だから入口の扉を飛び越えたり潜ったりすればただ乗りができます。
しかし時々検札官が駅にいて、抜き打ちでチケットをチェックします。
たとえチケットを持っていても、写真入り「カルト・オランジェ」のカード持っていないと罰金になるそうです。

地下鉄を乗り継いでシテ島に着きました。
ここはステンドグラスで有名なノートルダム大聖堂があります。ナポレオンの戴冠式が行われた場所です。
ステンドグラスの素晴らしさもさることながら、その建物の美しさに目を奪われました。 床から天井までの延びるような高さ、柱や壁の装飾など1つひとつが芸術品です。
太陽の光が聖堂の中に差し込み、色とりどりの光が壁や床を染めています。夢のような世界です。

ところで、ノートルダム大聖堂前の広場にマンホールのような印があります。 パリの0地点を示すもので、パリからの距離はここから測るそうです。
その印を踏むとまたパリに来られるという言い伝えもあるそうです。
もちろん私も踏みました。
「またパリに来るぞー!」


■パリ市内で歩いた道のり
エッフェル塔 ノートルダム寺院 0地点
パリのシンボル"エッフェル塔" すべてが芸術的な"ノートルダム大聖堂" 「またパリに来るぞー!」

▲このページの先頭へ

最近のエントリー

過去分一覧(月別)

2020年
2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
2003年
2002年
2001年
2000年

カテゴリー

執筆者一覧

お問い合わせ・ご連絡先
Copyright © 1999 - Navigate, Inc. All Rights Reserved.