ナビゲートのロゴ
ナビゲート通信は主な更新情報をお届けするメールマガジンです。ご登録はこちらから。

下記はページ内を移動するためのリンクです。

現在位置

 ホーム > 気まぐれ歳時記 INDEX >曇り空の憂うつ

« Back | 気まぐれ歳時記INDEX |  Next »

2004年5月 4日

曇り空の憂うつ

category : [旅行・海外生活

writer :[ち]

どんより曇り空です。
その空のせいで気持ちもすっかり停滞気味。
今日はどうしても晴れてほしかったんです。
そろそろ卒業に向けて論文を書かなくてはならなくて、それにいよいよ取りかかろうとしていた日だったからです。
昨夜寝るときは「明日は朝から頑張ろう」とはりきっていたのに、どうも調子が狂います。
雨の日もしっとりと落ち着いていて好きなんですが、なかなか前に進まないようなことを抱えているときは、太陽の光で頭をすっきりさせたいものです。
しかし、そもそも北京では快晴の日はめったにありません。大気汚染のせいもあって、晴れていても空は常に薄雲で覆われています。日本で見られるような青空は、1年に数度あるかないかです。ただ、乾燥しているため、曇っていても意外にカラリとしています。
ところが数日前に大雨が降ってからは、どんよりと重そうな雲が空にのしかかり、いつになく湿気を含んだ空気が漂っています。いつもなら半日で乾く洗濯物も2日経ってもなんとなく湿っぽい感じです。

さて、ともかく始めないと、と思って机に向かいますが、数分もすると集中力が切れます。雨の日は何だか体がすっきりせず、脳みその詰まってない頭も重く感じます。特別ショックな事があったわけでもないのに、この気持ちの落ち込みはなんでしょうか?
やはり人間も自然の一部、天気に左右されるのは当然か、と考えたりして。
そうこう言っているうちに雨が降り出しました。
今日は出かける用事もあるのに......。
このまま雨が続いて、ずっとこんなに気持ちが落ち込んだままだったらどうしましょう。
まさか「天気が悪いので論文はできませんでした」というわけにもいかないし。
いっそうのこと、雨の中を出かけてみようと思います。
少しは頭がすっきりするかもしれません。


▲このページの先頭へ

最近のエントリー

過去分一覧(月別)

2020年
2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
2003年
2002年
2001年
2000年

カテゴリー

執筆者一覧

お問い合わせ・ご連絡先
Copyright © 1999 - Navigate, Inc. All Rights Reserved.