ナビゲートのロゴ
ナビゲート通信は主な更新情報をお届けするメールマガジンです。ご登録はこちらから。

下記はページ内を移動するためのリンクです。

現在位置

 ホーム > 気まぐれ歳時記 INDEX >中国の祝日

« Back | 気まぐれ歳時記INDEX |  Next »

2001年5月 1日

中国の祝日

category : [旅行・海外生活

writer :[ち]

中国の祝日

ゴールデンウィーク(黄金周)ですね。中国も5月1日からお休みになります。
中国の主な祝日は、新年の1月1日、5月1日から労働節で1週間、10月1日国慶節で1週間。そして夏休みと冬休みです。
日本は、約1カ月に1日程度の祝日がありますが、中国には、例えば「春分の日」だからといってその日1日だけがお休み、というような祝日はありません。
(その日の関係者だけ休みというのはあるようです。)

面白いのは、中国には、振り替え休日ならぬ振り替え授業や振り替え出勤があることです。
日本では、祝日の前後に土日があり、年によっては、休みの日がまとまって長くなるということがありますよね。
しかし、中国ではそうならないのです。休日の前か後の土日に振替授業を行うことになるので、結局休みの日数は変わりません。
例えば、今年、日本のゴールデンウィークは、30日が「みどりの日」なので、5月1,2日を休みにすれば、4月28日から5月6日まで9連休です!
しかし、中国の学校では、28、29日の土日に授業を行い、30日は平常授業。そして5月1日から7日間連休です。つまり、4月23日から土日を含み30日まで、8日間連続で授業があったのです。この振り替え授業があるたびに、中国人って勤勉だわ〜と感心します。

さて、私のクラスメートは大半が里帰りをするようです。
日本と同じように旅行する人も多く、電車の切符は3日前にしか発売されないのに、1時間後には既に売り切れです。
北京の中心街には人が集まり、デパートでは「祝五一」と看板を掲げ、セールも行っていて、とても賑わっています。

■ 労働節で賑わう新東安市場(デパート)


新東安市場

▲このページの先頭へ

最近のエントリー

過去分一覧(月別)

2020年
2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
2003年
2002年
2001年
2000年

カテゴリー

執筆者一覧

お問い合わせ・ご連絡先
Copyright © 1999 - Navigate, Inc. All Rights Reserved.