ナビゲートのロゴ
ナビゲート通信は主な更新情報をお届けするメールマガジンです。ご登録はこちらから。

下記はページ内を移動するためのリンクです。

現在位置

 ホーム > 気まぐれ歳時記 INDEX >餃子研究

« Back | 気まぐれ歳時記INDEX |  Next »

2021年9月24日

餃子研究

category : [食・健康

writer :[ゆ]

餃子研究

「好きな食べ物は?」
このシンプルな質問に対しての答えはなかなか難しいですが、今なら「餃子」と答えるかもしれません。
お肉も野菜も一緒に食べられて、肉汁がじゅわーっと口の中に広がるあの感じ。
お酒がまったく飲めない私でも、ノンアルコールビールとの相性は抜群だなと思います。
スーパーなどで売られている冷凍餃子も手軽においしく食べられて助かりますが、時間がある週末などは、家で餃子作りを楽しんでいます。

餃子のあんの具材は、豚ひき肉、ニラ、白菜をベースとし、調味料はレシピを参考に調合。
調味料もレシピによってさまざまで研究の余地が十分ありますが、ここはおいおい......。
(ちなみに、餃子の皮はスーパーで買ったものを使用しています)
ベースのあんが準備できたら、追加で何かを入れるのが毎回の楽しみです。
青じそ、チーズ、キムチ......、この辺りは試した方も多いのではないでしょうか。
どれもおいしくておすすめですが、今回は「セロリ」「紅しょうが」を試してみました。
クセのある食材なので、どうなるかドキドキです。細かく刻んで混ぜ合わせます。
あんができたら、家族に手伝ってもらいながら皮を包みます。娘もだんだん上手く包めるようになってきました。
けっこうな量ができました。1人15個はあるでしょうか。手作り餃子は、思いっきり食べることができるのも魅力です。
フライパンで焼いて、出来上がり!

さて気になるお味はというと?
セロリは、お肉と一緒に加熱したことでクセがマイルドになり、触感がとてもよく、さわやかな味わいに。
生のセロリが苦手な家族もこれなら食べられるとよく食べていました。
紅しょうがは、ほんのりしょっぱさと辛さがプラスされ、ピリッといいアクセントに。
どちらも想像以上においしかったです。
さて、次は何を入れてみようかな?


焼く前の餃子 焼いた餃子
餃子がたっぷり。 焼き立ては、たまらない!

▲このページの先頭へ

最近のエントリー

過去分一覧(月別)

2021年
2020年
2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
2003年
2002年
2001年
2000年

カテゴリー

執筆者一覧

お問い合わせ・ご連絡先
Copyright © 1999 - Navigate, Inc. All Rights Reserved.