ナビゲートのロゴ
ナビゲート通信は主な更新情報をお届けするメールマガジンです。ご登録はこちらから。

下記はページ内を移動するためのリンクです。

現在位置

 ホーム > 気まぐれ歳時記 INDEX >花火大会でフラッシュバック

« Back | 気まぐれ歳時記INDEX |  Next »

2009年8月 3日

花火大会でフラッシュバック

category : [イベント

writer :[の]

花火大会でフラッシュバック

週末に横浜で花火を観賞してきました。しかも船のデッキから花火を仰ぐという、ちょっと贅沢なシチュエーションで。
景気の悪いときは景気のよいことでもするべし、という強引な言い訳を自分に言い聞かせ、さほど乗り気でもなさそうな連れ合いとともに行ってまいりました。
このところ天候が不安定なので心配していたのですが、雨を免れてひとまず、ホッ。
船はゆっくりと花火に近づき、着火地点がすぐ近くに見えるほどの絶景ポイントまで旋回します。しばし花火の中にいるような、火の粉が降ってきそうな、迫力のある映像を堪能しました(上を向きすぎて首が痛くなりましたが)。

そんな光景を頭上に、小さい頃に見た花火を思い出しました。ちょうど今頃の時期、商店街主催の小さな花火大会がありました。実家が商店だったので毎回協賛していたのですが、協賛金(花火の値段ではありません)は、3万円、5万円、10万円という3ランクで、実家では5万円を払っていました。
花火大会の日、町の人達は商店街を通らずに直接河原へ行ってしまいますので、協賛した商店が特に恩恵を受けるわけではありません。でもそれはそれとして、その日は我が家も屋上で花火を楽しむのでした。

しかしこれが、なんともわびしい花火大会なのです。
花火を一つ打ち上げるたびにアナウンスが入ります。「次は八番、大町、肉の○○屋、宵闇のしだれ柳」などと放送があり、ひゅ〜ヒョロヒョロヒョロ、ドーンとしだれ柳が咲きます。そしてシーンと静まり、次のアナウンスまで微妙な間があきます。長いときは5分近くも待った気がします。「次は九番、"パンと言ったらトラ屋のパン♪"でおなじみ、小町のトラ屋、夜空を照らすスターマイン」、さすがに協賛金を10万円出したところは、心なしかアナウンスも違ったような気がします(が、気のせいかもしれません)。
そして家族全員で夜空を見上げ、わくわくして「うちの花火」を待つのです。順番表を手にした親に「十六番目だから、次の次だよ。トイレは今のうち行っておきなさい」などと言われると、とたんにトイレに行きたくなるのですが、しかし見逃しては大変と我慢するわけです。
そしていよいよその時です。「次は十六番、大町○○屋、夏の夜空に咲く大輪の△□○菊」とかなんとかアナウンスが流れ、「お、上がった上がった!」と父。ドーンと菊。歓声を上げる家族。そしてシーン。
「......きれいだったね」「でもあっという間だったね」「5万円だよね」
次の花火を待つ静寂の中で、私は子供なりに「5万円の価値とはかなさ」という子供らしくないテーマについて思いふけったりするのでした。でも、そんないっときの感傷は次のスターマインで消えてしまうのですけどね。

そのときの花火に比べて、今頭上に間断なく乱れ咲く花火の盛大さと言ったら、感傷が入る隙もありません。でもついつい「今のでいくらだろう」などと無粋なことを考えてしまうのは、生い立ち上しかたのないサガです。
豪勢な花火もいいですけど、わびしい花火もそれなりに情緒があっていいものですよ。


花火:人ごみ 花火:始まり
たくさんの人出です。 始まりました。
花火:たまや〜 花火:かぎや〜
たまや〜 かぎや〜
花火着火地点 花火:ほぼ真上
打ち上げ場所が目の前です。 頭の上。フレームに収まりません。

▲このページの先頭へ

最近のエントリー

過去分一覧(月別)

2020年
2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
2003年
2002年
2001年
2000年

カテゴリー

執筆者一覧

お問い合わせ・ご連絡先
Copyright © 1999 - Navigate, Inc. All Rights Reserved.