ナビゲートのロゴ
ナビゲート通信は主な更新情報をお届けするメールマガジンです。ご登録はこちらから。

下記はページ内を移動するためのリンクです。

現在位置

 ホーム > 気まぐれ歳時記 INDEX >夏風邪にご用心

« Back | 気まぐれ歳時記INDEX |  Next »

2004年7月29日

夏風邪にご用心

category : [子育て

writer :[よ]

暑中お見舞い申し上げます。
今年は記録的な猛暑が続いていますが、私はこの暑い中、風邪をひいてしまいました。

現在私は毎日病院へ通っています。未熟児で生まれ、まだ入院中の娘と面会するためです。
病院までは片道地下鉄で40分、バスで10分、その間歩きが15分、病院ではだいたい5〜6時間を過ごしています。
仕事をしているときは、通勤時間が朝晩だったため、涼しいうちに移動できたのですが現在は正午前後の一番暑い時間に移動する生活です。
電車やバス、病院内はクーラーが寒いくらいに効いていて気持ちよく、「極楽極楽、猛暑とは別世界!」とのんきに過ごしていたのですが......。
ある朝、起きたらのどが痛くて驚きました。つばを飲んでも痛い、風邪を引いたときの症状で、鼻水もずるずると出てきました。どうやらクーラーと外気の温度差にやられたようです。幸いそれ以上の症状はなかったので変わらず病院へ面会に行っていたのですが、そのうち毎日接する娘にも風邪がうつってしまったのです。
面会中は大事をとってマスクをしていますし、咳やくしゃみがでるわけではないので大丈夫かなあ、と思っていたら考えが甘かったようで、彼女も小さな体全体で咳をしはじめたのです。
彼女の肺は未熟で炎症を起していて、成熟するのを待ちながら治療をしていたのですが、最近少し回復の兆しが見えていました。それなのに、この咳で新たに肺を苦しめはじめたのです。
鼻水も出るようで、1日に数回は鼻に直接チューブを入れて鼻水を吸引、彼女はそのたびに大泣きです。そんな姿を見るのはとても辛い。
本当ならお互いこれ以上ひどくならないよう、ここで私がじっくり休み、完全に回復してから面会に行くべきなのでしょう。
しかし生後3カ月をすぎ本来の予定日を迎え、やっと標準の新生児の大きさになった娘は、そろそろ母親の私の声を聞き分けるようで、たまにいつもの時間に遅れて面会に行くと「さくらちゃん、ママがいなくて泣いて大変でしたよ」と看護師から報告されます。
1日のほとんどの時間を母親に甘えることもできず、じっと一人で病気と闘っている我が子を思うと、ちょっとした風邪で休むなんて考えられません。彼女との面会をとるか、私の風邪が治るのをとるか。
結局大げさだなあ、と思いながらも大きなマスクをし、最大限注意をしながら面会に通っています。

暑いからと油断していたらこんなことになってしまい、多いに反省しています。「夏風邪は長引く」と聞いたことがありますが、早く治して、今後は親子そろって健康に過ごしていけるよう気をつけたいと思います。

みなさんもどうぞ風邪など召されませんよう、ご自愛ください。


生後3カ月 笑う
生後3カ月を過ぎ、風邪をひかせてしまった。
ごめんね、さくら。
最近は名前を呼んだり歌を歌うと
こんな表情も見せるようになりました。

▲このページの先頭へ

最近のエントリー

過去分一覧(月別)

2020年
2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
2003年
2002年
2001年
2000年

カテゴリー

執筆者一覧

お問い合わせ・ご連絡先
Copyright © 1999 - Navigate, Inc. All Rights Reserved.