ナビゲートのロゴ
ナビゲート通信は主な更新情報をお届けするメールマガジンです。ご登録はこちらから。

下記はページ内を移動するためのリンクです。

現在位置

 ホーム > 気まぐれ歳時記 INDEX >D級ライセンス

« Back | 気まぐれ歳時記INDEX |  Next »

2020年12月10日

D級ライセンス

category : [勉強・読書

writer :[ね]

D級ライセンス

少年サッカーチームのコーチとなって8年。
チームの中でも中堅クラスの位置づけとなり、自学年だけでなく、チーム内のあれやこれやにも口を出す立場となりました。
そんな中、「今後、上位の大会に出場するときには、指導者ライセンスを持った人がベンチに入らないといけない」という流れになっているという話でチーム内がざわつき始めました。

指導者ラインセンスとは、日本サッカー協会(JFA)が認定する資格で、大きくはD〜S級までのライセンスがあります。
参照:日本サッカー協会(JFA)
ちなみにJリーグの監督になるには、S級ライセンスが必要です。

今回、望ましいのはC級ですが、それを取るのはかなりハードであるとの噂。
「どうする?誰がいく?若い順にいく?」というムードの中、とりあえず中堅クラスの私が先陣を切って、最低限必要なD級ライセンスを取りに行くことにしました。
学ぶ姿勢を背中で見せるのも中堅の役割!と自分に言い聞かせて。

C級ライセンスには約1カ月間の講習が必要ですが、D級ライセンス講習はそのエッセンスを小学生年代の指導者向けにコンパクトに2日間へまとめたものです。
とはいえ、朝から夕方まで、実技と講習をまじえて、最後にはテストもあるとのことで、初日、やや緊張した心境で見知らぬおじさんたちとともに講習会に参加しました。

講習内容を簡単にまとめると、講義はアクティブ・ラーニングの要素を取り入れながら、サッカー指導者として必要な知識を体系的に学び、実技ではさまざまなゲームを体験し、その中で講師から投げ掛けやアドバイスを得るものでした。
特に実技では、おじさん同士がお互いのプレイをほめる場面が多く見られ、冬空の下、和やかな雰囲気が生まれていました。
そして最後に修了テスト。といっても、講義中に、講師が強調した部分の穴埋め問題と簡単な記述問題のみ。
二日間の疲労と見知らぬおじさん同士の緩やかな一体感とともに、無事にD級ライセンス取得することができました。

さぁライセンスは取ったけど、そもそもチームは上位大会に出られるのかな?
いつかベンチ入りできることを楽しみに、また週末は練習に励みます。


修了証 勉強資料
2日間、頑張りました。 しっかり勉強します!

▲このページの先頭へ

最近のエントリー

過去分一覧(月別)

2021年
2020年
2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
2003年
2002年
2001年
2000年

カテゴリー

執筆者一覧

お問い合わせ・ご連絡先
Copyright © 1999 - Navigate, Inc. All Rights Reserved.