ナビゲートのロゴ

OJTコーナー

045-561-2251
お問い合わせボタン
  1. たかがお茶 されどお茶

« Back | OJT体験談 INDEX |  Next »

お茶くみも仕事のうち?

たかがお茶 されどお茶

  • Lボタン
  • Mボタン
  • Sボタン

メーカー(女性)  2004-05-13

Tags:

たかがお茶 されどお茶

私は新卒で某メーカーに事務職として配属されました。
実家を離れ、初めての一人暮らしがスタートしたこともあり、
「これからは自分1人の力で生活するぞ」
「仕事をばりばりこなして稼いでいこう」
と意気揚々と東京のオフィスに向かって進んでいきました。

いざ目的地に到着し、まず迎えてくれたのは同じ課の先輩社員にあたるAさんという女性でした。右も左も分からない私を優しい笑顔で案内してくれたのは今でも覚えています。
真新しい制服に身を包みいよいよ社会人としての第一歩です。
この部署での新入社員は私1人だったこともあり、緊張しつつ朝礼で挨拶を済ませた後、いよいよOJTが始まりました。先程親切に案内をしてくれたAさんが私の担当のようです。
「それではまず、みんなのカップを覚えてください。朝・昼食後にお茶をお出しましょう」
「はい!」

「次にそれぞれの好みの飲み物がありますので覚えてくださいね。△△課長はコーヒーブラックで、××代理は......」
「......は、はい!」

「あ!役員の方がいらっしゃったのでそちらを優先でお持ちして!コーヒーブラックです」
「......は、はいぃ!」

慣れない私はメモ帳を片手に悪戦苦闘です。しかもこんなに大量のカップがあるなんて......。
お茶を入れる役員・部長・課のメンバー分を合わせたら合計20個以上になり、飲み物の好みもさまざまです。
これをまず朝出社したときに素早く出し、そして昼食後戻ってきたタイミングで出します。
普段は愛らしいカップのキャラクターもこのときばかりは憎らしく思えてきました。

なんとか頭を整理しつつ必死にまとめていたら、すでにお昼の時間です。 興奮さめやらぬ中ご飯を噛みしめながら、
「こんな仕事もあったのか......」と困惑したのを覚えています。
入社前に抱いていた、ばりばり仕事をこなす社会人のイメージがもろくも崩れていきました。

OJTも進み半年が経過し、ようやく担当の仕事ができたにもかかわらず例のお茶出しは続いています。 当時の朝の作業としては
定時の時間の40分前には出社。
制服に着替えた後、大量に送付されてくるFAXや資料を整理(課の人が定時から仕事が始められるように準備をします)。
その間役員・部長・課のメンバーが出社したらその都度作業をやめお茶を出す。
といった具合です。

始めは黙々とこなしていましたが、徐々に「なぜ私が?この時間を自分の仕事に回せたら......」という疑問がわいてきました。

とうとうそのわだかまりを抱えきれなくなりAさんにその気持ちを恐る恐る告げると、予想外の回答が返ってきました。
「これも仕事のうちと割り切ればいいのよ」
Aさんは新卒で社長室に配属になったそうです。そこではお茶だけでなく他の社員のお弁当を買いに走り回ったりしていたことを教えてくれました。
そこで「どこかで誰かが喜んでくれる。これも私の大切な仕事」と考えたそうです。
実に単純明快な答えでしたが、私にとっては大変衝撃的でした。

今まで私の仕事とは......と自分中心で考えていたことに対してほんの少し異なる視点から見ることができた瞬間でもありました。
それ以来不思議と自分の担当以外の事を頼まれても、全く動じなくなった気がします。

この1つの行動で喜んでくれる人がいる。

今思えば、お茶なんてものは各自が飲みたいときに飲みたいだけ入れるものだと思っていますし、 お茶は新入社員が入れて当然!という方も困りものだとは思います。
※人任せにするのではなく、ちょっと仕事場を離れてお茶を入れることもいい気分転換になるものです。

しかし当時はこのAさんの言葉1つで少し心の重みが和らぎました。 もちろんお茶だけではなくて生活全般においてこのAさんの言葉は教訓となっています。

お茶くみという仕事の是非はともかくとして、ほんの少しの心のゆとりで生活が変わってくるということを実感したOJTでした。


OJT新人ノート

OJT実践ノート

Comments:1

匿名希望 (女性) 2009-08-24 (月) 16:32

OJTというよりも、お茶くみそのものについて感じることが多々ありました。

お茶くみの仕事って、まだあるんですね。
これってどうなんですかね。 このケースの先輩の言ったこともまぁ、わからないでもありません。 これも1つの正解かもしれません。
しかしもし私だったら違うことを言ったと思います。

私が新人だったときは男女雇用機会均等法が施行される直前でした 当時にしては結構自由で先進的な社風でしたが、それでもお茶くみはありました。
入社して最初に教えられたのは、やはり職場の人のカップと好みです。もちろん接客応対のマナーを身に付けることは大事だと思います。
しかし、社内の人に対してそこまでする必要があるんでしょうか。 新人の内はしかたないので、そんなもんかなと思ってまじめにやってましたが、 だんだんばかばかしくなってきたものです。

また当時一番違和感を感じたのは、先輩の女性社員が「○○さんはブラックで、 ○○さんはお砂糖だけね」などということを得意げに話していて、積極的に社内の人にお茶をくみ、「気が利くねー」なんて言われて喜んでいること でした。これも私にとってはかなりばかばかしく映りました。

それでも私のいた会社はいい方でした。
ある日、他の会社のお客さまが商談に来られていたときのこと、その方が 会議室から出てこられ、私にこう言いました。「あ、ちょっとタバコ買ってきて」 と。私はびっくりしました。他の会社の人に向かってタバコ買ってこいとは 何ごとでしょうか。
商談中の社員には丁重に接しているくせに、私には180度態度が違ったのです。 きっと、彼の会社では社内のお茶くみなんて当たり前のことで、その上雑用 一切も、社内外問わず女性の仕事と思って疑っていないことでしょう。

また、私の知り合いの会社では営業所に女性が1人だけいて、彼女の朝一番の 仕事は課長のためにヨーグルトを冷蔵庫から出して、フタをとってスプーンを 添えて机に置いておくことだったそうです。
愚の骨頂です。よくヨーグルトを課長の頭からかけないでいられたものです。

私は、社内の人へのお茶くみなんてのは廃止すべきだと思っています。
20人にお茶を入れるのに何分かかるでしょう。その分のコストといったら ばかになりません。それをして会社が儲かるならいいです。そうでないなら ば、貴重な人件費をそんなことに費やすのはばかげていると思うのです。
そして、女性はそういう役目をするのが当然という風土と、気が利いていると 誉められて喜ぶ女性の意識は問題があると思います。だって不自然ですよ。

ただ、廃止するには「反対!」と言っているだけではダメで、やはり自分で 価値のある仕事を作って周囲に認めさせないと、その上で「反対」しないと うまくはいかないだろうと思います。
ちなみに私の昔の職場では、私のいる間に「自分のことは自分でする」という 当たり前の風土に変えました。
(こちらは、2004.06.01にお寄せいただいたコメントです)

教えること、教わること〜OJT身近なケース集〜のご感想・コメントをお寄せください

Comment Form

コメントを表示する前に弊社担当者の承認が必要になることがあります。

この情報を登録しますか?


Trackback:0


ナビゲートのOJT教材・研修

採用情報

一緒に働くスタッフを募集中です

OJT実践ノート

書いて残せる「OJT実践ノート」新人を育てる確かな方法があります。

OJT新人ノート

新人の成長を記録し、OJTを活性化させる「OJT新人ノート」

OJT実践ノート紹介動画

「OJT実践ノート」の概要をビデオで解説します。

OJTリーダー養成研修

新入社員受け入れのためのOJTリーダーを育てます。

OJTリーダーフォロー研修

OJT指導の見直しに効果的です。

新入社員読本1st step

研修の副教材や内定者向け教材としてご活用ください。

最近の記事

カテゴリ

過去分一覧(年度別)

タグ一覧

ランキングに参加しています

ビジネスブログ100選

ビジネスブログ100選

このページの先頭へ