ナビゲートのロゴ

OJTコーナー

045-561-2251
お問い合わせボタン
  1. 課長として異動してきた先輩

« Back | OJT体験談 INDEX |  Next »

マネジメント能力とは

課長として異動してきた先輩

  • Lボタン
  • Mボタン
  • Sボタン

生産財卸 T.K  2005-03-22

Tags:

課長として異動してきた先輩

OJTというよりはマネジメントの話になるのかもしれない。
かつて、尊敬する先輩がいた。仮にAさんとしておこう。既成の枠組みにとらわれることを何より嫌い、発想が自由かつ大胆でいつも夢にあふれているような人だった。また、とても仲間思いの人で、私のこともずいぶんとかわいがってくれた。

長野に新設された営業所が当時の私たちの職場だった。所長が1名、営業が4名、営業事務が1名という小さな所帯で、私はそこで現地採用された。新設ということもあって、私たちは比較的自由に行動できていたと思う。Aさんは営業としてすでに実績のある人だった。所長はもともと営業畑の人ではなく、何かとAさんを頼りにしていた。そういうわけで、自然とAさんを中心にメンバーがまとまっていた感じがする。
私たちは、新しいルートの発掘と拡大にやっきになっていた。うまくいかないことも多かったが、それでも自分たちの仕掛けたことが実現していく過程は面白かった。
Aさんのアイデアはいつも斬新だ。「昨日風呂に入ってたときにこんなことを考えたんだけど、どうかな」。Aさんはよく風呂場で思いつく。当時新人だった私も怖いもの知らずだった。「面白いですね。やりましょう!」そうして風呂場で生まれたアイデアは即実行に移されるのだった。長野営業所は着実に売上を伸ばしていった。Aさんはやがてその実力を見込まれて大阪支社に転勤となり、営業のグループリーダーとなった。

私自身は、その後ローテーションで東京の本社勤務となり、国際事業部のアジア渉外課に配属された。私たちの部署の役割は海外での販路拡大で、特にインドネシアにおける提携先の獲得が主な仕事だった。
文化や価値観の異なる人たちとの交渉は一筋縄ではいかなかったが、それより何より頭を悩ましたのは、煩雑な(しかも英文での)事務処理だった。
思うように交渉が進まないわりに事務処理ばかりがどんどん増えて、常に人が足りない状態だった。事務に追われて交渉が進まないのは本末転倒である。提携先の焦点を絞り、この煩雑な業務の進め方を再整理する必要があることは、誰もが感じるところだった。

そんなとき、Aさんが課長として赴任してくるらしいといううわさが耳に入った。以前よりAさんに一目おいている事業部長が引っ張ったらしい。これは私にとっては希望の光だった。Aさんが来たら状況はきっとよくなるだろう。何よりまたAさんと一緒に仕事ができる、それがうれしかった。
しかしAさんはこれまで本社勤務をしたことがないので、メンバーはAさんのことをほとんど知らない。さすがに自分たちの上司がどういう人物なのかが気になるようで、みんな私に話を聞きたがった。「Aさんってどういう人?」尋ねられるごとに私は、Aさんがいかに素晴らしい人であるかを伝えた。

春、期待のまなざしを一身に集めて、Aさんは着任した。
Aさんも、事前に事業部長から課の問題状況をよく聞いているようで、改善意欲満々だった。
最初は非常によかったのだ。みんなAさんに対して好意的で協力的だし、Aさんもよくメンバーの話を聞いているようだった。私の目にはAさんは以前とは少しも変わっていなかったが、意外なことが1つだけあった。実はAさんは1人で赴任したのではなかったのだ。ここでの大仕事を行うために、大阪支社時代の腹心の部下であるBさんを連れて来たのだった。私はAさんがそんな人事権を持っていることに驚いたが、もしかしたら事前に事業部長との間でそういう約束があったのかもしれない。
Aさんが着任してから2週間後にBさんがやってきた。Bさんは確かに有能な人ではある。が、その頃から課内の雰囲気が少しずつ変わっていった。そして、みんなの期待が失望へと変わるのに、それから2カ月もかからなかったと思う。

Aさんは課内に業務検討プロジェクトをつくり、頻繁に企画会議を開いたのだが、企画会議のメンバーは、いつもAさんとBさんと私の3人だけだった。あとのメンバーは実行部隊という位置付けだった。結局もともとの営業時代の"身内"がヘッドになったのである。このやり方は私には飲み込めなかった。「まずいんじゃないか......」そんな不安を感じた。なぜなら課のメンバーがだんだんとしらけていくのがわかったからだ。
Aさんの斬新さ、大胆さ、身内思いなところは、これまでAさんの良さだと信じていたのだが、ここではまったく逆に受け止められていた。独断、身勝手、排他的......、職場内の不満がAさんへの批判を増幅させていった。

ある日、私はたまらずにAさんに進言した。「Aさん、現場を一番知っているのは彼らですから、いろいろ意見もあるはずです。全員を入れるのは非効率かもしれませんが、せめてグループリーダーのCさんとDさんには入ってもらったらどうでしょう」
「CさんとDさんとも一通り話したよ。でも新しいことを始めるには現場を知りすぎていないほうがいいんだ」「それはそうかもしれませんが、でも彼らはしらけてきているように感じます。このままでうまくいくでしょうか?」
人の話を聞かないAさんではない。「そうか、そこまで言うならもう一度よく話してみよう」と言う。CさんとDさんを含めた数人を呼んで、Aさんは数時間話し合っていた。
しかしその後も状況が改善されたとは思えなかった。「Aさん、いったいどんな話をされたんですか?」気になって聞いてみると、彼はこんなことを言った。「餅は餅屋って言うだろう。人間は適材適所にあってこそ実力が発揮できるんだよ。企画も大事、実行もそれと同じように大事。そして今は何よりスピードが大事だ。そのために最適な布陣にしているんだということを伝えたよ。彼らだって今にわかってくれるだろう」。それから顔を近づけて声のトーンを下げた。「だってさぁ、話をしていてもあんまりピンとこないんだよね。英語ができたって事業がわかってないんだよなぁ。正直彼らには無理だと思うよ。そう思わない?」と話を結んだ。
「......そうなんですか」私は何か釈然としないものを感じた。でも頭の中でそれをちゃんと整理することができないでいた。『全方位において満点を取ることはできないんだから、ひょっとするとAさんの言うとおりなのかもしれない。今は早く結果を出すことが大切で、結果さえ出たら自然と全体が変わるのかもしれない』そんなふうにも考えてみた。

その後1年経って、結局目立った成果をあげることもなく、そのプロジェクトは解散された。そしてAさんはまた地方の営業所へと異動になった。1年という短い期間で判断されるのもどうかと思ったが、あれ以上時間をかけても事態が進展していたかどうかは疑問であった。
なんとなくモヤモヤしたままのAさんの異動劇であった。

プロジェクトがうまくいかなかったのはなぜだろう。
もちろんAさんのせいだけでなく、私を含めたメンバーの力不足はあっただろう。
そもそもAさんが赴任してくる前に、みんなの期待を膨らませてしまった私にも責任があったのかもしれない。
しかしそれはそうと、Aさんが無理矢理にでも成果を出してさえいれば、状況は変わったのだろうか?いや、Aさんのやり方が間違っていたから成果の出ようがなかったのか、どうするのが一番よかったのか、その答はいまだにわからない。

ただ、能力があるだけではうまくいかないのだ、そんなことを考えさせられた一件だった。


OJT新人ノート

OJT実践ノート

この記事のトラックバックURL
http://www.navigate-inc.co.jp/cgi-bin/mt51/mt-tb.cgi/489

Comments:2

メーカー 人事部 2009-08-12 (水) 13:17

興味深く読ませていただきました。 また、身につまされる思いもしました。

課題を解決すること、業績を上げること、そのことで評価される。 それは当たり前ですが、システム自体はそう簡単ではないことを忘れてしまう時がありますね。

長野でのAさんとは、単純に仕事を一緒にしたのではなく、 目指すべきビジョンが共有化されていて、互いが互いをカバー して動いていたのでしょう。きっと、実績を上げるためではなく、 みんなで動くこと自体が目的に感じられていたのではないかと 思います。 結果として、「実績」が上がった。

完全な正解がない以上、方法だけで解決することはほぼありえない。 「うまくいくまで、全員が努力を止めない」この環境がそこにあったような気がします。長野では、確かにAさんの魅力も大きかったかもしれません。でも、意外と陰で 所長がその環境をバックアップしてたのかもなぁと考えたりもします。

徐々にキャリアが望むと望まざるにかかわらず上がってきて、 自分に出来ることは、実はその環境を冷静にコントロールしていくこと のように感じています。(役割はそのときのメンバーによって変えますが)

まもなく新入社員研修が始まります。 今年は新しい環境での人材育成が始まります。 でも自分の中でのテーマは変わらず「組織の中で働くことの喜び」を体感させること。 せっかく選んでくれたこの会社で、その選択が間違っていなかったとまずは感じてもらえる「環境」「状況」を用意することに専念します。

(こちらは、2005.03.31にお寄せいただいたコメントです)

製造業 (男性) 2009-08-17 (月) 11:56

これを読んでうちの会社のことかと思ってしまいました。現場を知りすぎている人に新しいことができないという側面は、確かにあると思います。が、現場を知らないリーダーがいくらほえても、「そうじゃないんだよ」と言うことを聞いてもらえないということもあります。それに、改革は短期決戦で成果を出していかないと、周囲は(リーダー自身も)飽きてきちゃうんですよね。
私の部署もいろいろと問題を抱えています。一時期は社長が自らあれこれ口をだしていたのですが、なかなかその問題だけにかかってもおれず、昨年、新しくマネージャーを採りました。が、成果がでずに1年たたずして退職。今年また新しいマネージャーがきて、そろそろ3カ月経ちますが、今のところ何も成果は出ていません。周囲も「またか」という感じでだんだん協力的じゃなくなってきています。どちらのマネージャーもそれなりに能力はあると思うし、前向きに取り組んでいて悪い人ではないと思うのですが。どうすればいいのか私にもわかりません。
(こちらは、2005.03.31にお寄せいただいたコメントです)

教えること、教わること〜OJT身近なケース集〜のご感想・コメントをお寄せください

Comment Form

コメントを表示する前に弊社担当者の承認が必要になることがあります。

この情報を登録しますか?


Trackback:0


ナビゲートのOJT教材・研修

採用情報

一緒に働くスタッフを募集中です

OJT実践ノート

書いて残せる「OJT実践ノート」新人を育てる確かな方法があります。

OJT新人ノート

新人の成長を記録し、OJTを活性化させる「OJT新人ノート」

OJT実践ノート紹介動画

「OJT実践ノート」の概要をビデオで解説します。

OJTリーダー養成研修

新入社員受け入れのためのOJTリーダーを育てます。

OJTリーダーフォロー研修

OJT指導の見直しに効果的です。

新入社員読本1st step

研修の副教材や内定者向け教材としてご活用ください。

最近の記事

カテゴリ

過去分一覧(年度別)

タグ一覧

ランキングに参加しています

ビジネスブログ100選

ビジネスブログ100選

このページの先頭へ