ナビゲートのロゴ
ナビゲート通信は主な更新情報をお届けするメールマガジンです。ご登録はこちらから。

下記はページ内を移動するためのリンクです。

現在位置

 ホーム > 気まぐれ歳時記 INDEX >EARTH DAY TOKYO 2010 ~嬉し楽しい編~

« Back | 気まぐれ歳時記INDEX |  Next »

文字サイズ 拡大ボタン 縮小ボタン

2010年4月20日

EARTH DAY TOKYO 2010 ~嬉し楽しい編~

category : [イベント

writer :[み]

EARTH DAY TOKYO 2010 ~嬉し楽しい編~

着地した野菜まんじゅうの3分の2を食べ終え、ぐったりしてしまった私。ここはお酒を飲んで気分を盛り上げよう!ホットワインを頼むと、小鍋でオーガニックワインを温めてくれました(ちなみに、小さいカップで¥700)。


<J-WAVE xChange>

少し気が大きくなったところで、J-WAVE xChange(エクスチェンジ)のテントに向かいました。いらなくなった服やCDを持ち寄り、エピソード・タグと呼ばれる札をつけて置いていきます。ほしい人は10点まで自由に持ち帰ってOK。
xChange については以前、読売新聞の「幸せのシェア」で紹介されたので気になっていました。

テントに入ると、J-WAVEのDJさんが集まったCDをかけて盛り上げ中。ほしいものでなくても、エピソード・タグを読むのは楽しく時間を忘れてしまいます。
シンプルな黒いセーターには「タンスを整理していたら似たようなのがたくさんあったので」。
ピンクのフリルワンピースには「もう○年も前ですが結婚式に出席するためにオーダーしました」。
水色のカットソーには「薄手なので寒い時期は重ね着して」などなど、タグの内容はさまざまです。
中には「足がすっと見えるところがこのスカートのポイントです。足に自信のある人に着てほしいです」と書いてあったりするので、これはもらえないな~と思うものもありました。

そんな中に、1枚、私のためにあるような品物が。
ボルドー色のベロア素材のスカートで、裾がレースとフリルになっています。じつは私、ボルドー×ベロア素材の服が大好きで、これまでに5、6枚着潰しています。着ているうちにベロアの起毛部分が寝てしまい、光の当たり方が変わるので、あまり長く着られません。先月も、裏地が裂けるまで着たボルドーのスカートを泣く泣く古布回収に出したばかりでした。
「気に入ってましたが もう着ないのです かわいがって下さい」
そう書かれたエピソード・タグを読んで、もとの持ち主の方の「何か」がわかるような気がしました。少なくともこのスカートを気に入っていたところは、私と似ている。私もいずれ着なくなる日が来るのかもしれない。でも、それまでは私がかわいがります! そう思い、持ち帰りました。

値段はついていないので、安い・高いという基準で服を選ぶ必要はありません。そのかわり、持ち主の希望を叶えられるかどうか、本当に着る服かどうかで判断します。「安いから」「お買い得だから」という理由ではなく「着たいから」「私に合っているから」という理由で服を手にする。その根本的なところを思い出させてくれる場所でした。

もしアースデイに来る前に xChange についてもっと調べていたら、古布回収に出したあの服やこの服も、もう1度着てもらえるチャンスがあったかもしれない。そう思うと少し残念です。
古着屋に服を持ち込んだことも何度かありますが、古着屋さんは商売でやっている以上、ドライです。思い出の品かどうかではなく、売れるかどうかで買い取りを決めます。思い入れのある服に「これ、処分しときますか?」と言われるつらさを考えると、ひと思いに自分自身でとどめを刺す(ゴミとして捨てる)ほうが気が楽です。
しかしもっと欲を言うなら、こんなことも思います。「できるなら自分でとどめを刺さず、別の人に使えそうか見てもらって、ダメなら自分の知らないうちに処分してもらいたい」と。
xChange に集められた服は、シミがあったり、ほつれていたり、実際には着られないようなものも混じっていました。きっと「捨てるに捨てられない」という思いがここに連れてきたのでしょう。
たとえ誰にも拾われず、結局捨てられるとしても、別れた服は自分の思いを載せて世界のどこかで漂いつづける。xChange は持ち主のそうした願望を受けとめて、これからさらに盛り上がりそうな予感がしました。

テントから出てくると、外はすっかり暗くなり、人もまばらになっています。夕闇の会場は神秘的な雰囲気。アースデイ40周年記念のキャンドルドームも点火されていました。
春風に揺れる灯火を眺めながら、みんなのんびりくつろいでいます。私もスカートを抱えてマクロビオティック豆乳スコーンをかじり、ほくほくの優しい気持ちになりました。(つづく)

■xChange
http://letsxchange.jp/

■J-WAVE xChange@アースデイ東京2010 特設サイト(参加の方法など)
http://www.j-wave.co.jp/special/xchange/index.html

■81.3 FM J-WAVE
http://www.j-wave.co.jp/

■吉祥寺 xChange(読売新聞の記事が読めます)
http://jojixchange.blog26.fc2.com/blog-entry-27.html


夜のライブステージ xChange会場 キャンドルドーム
あたりはすっかり夜の気配。 J-WAVE xChangeのテント。 幻想的なキャンドルドーム。
テント内の様子 DJブース&CDラック エピソード・タグ ベロアのスカート
洋服屋さんみたいなテント内。 DJブース&CDラック。 エピソード・タグ。 持ち帰ったベロアのスカート。

Comments:1

さすらい 2010-04-20 (火) 13:16

>別れた服は自分の思いを載せて世界のどこかで漂いつづける

わかります!
気に入ってるものほど別れるのがつらい。
そのことを考えると新しいものを手に入れるのが怖いくらい。これは恋に似ていると思います……。

気まぐれ歳時記のご感想・コメントをお寄せください

Comment Form

コメントを表示する前に弊社担当者の承認が必要になることがあります。

この情報を登録しますか?

Trackback:0

TrackBack URL for this entry
http://www.navigate-inc.co.jp/cgi-bin/mt51/mt-tb.cgi/1319
トラックバックされる際にはこの記事へのリンクをお願い致します

▲このページの先頭へ

最近のエントリー

過去分一覧(月別)

2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
2003年
2002年
2001年
2000年

カテゴリー

執筆者一覧

お問い合わせ・ご連絡先
Copyright © 1999 - Navigate, Inc. All Rights Reserved.