ナビゲートのロゴ

OJTコーナー

045-561-2251
お問い合わせボタン
  1. OJTできるような仕事じゃない!?

« Back | OJT体験談 INDEX |  Next »

プロモーターの悩み

OJTできるような仕事じゃない!?

  • Lボタン
  • Mボタン
  • Sボタン

プロモーター(女性)  2018-03-22

Tags:

OJTできるような仕事じゃない!?

5年ほど前にこのOJTの事例を書かないかと依頼されたときは、まったく事例が思い浮かばず、お断りしました。
当時その理由としてあげたのは、
・その部署にはOJTという文化(?)がなく、OJTをされたこともしたこともないこと。
・そもそも非定型な企画業務なので、OJTできるような仕事ではないこと。
ということでした。今回あらためて原稿を書く気になったのは、「OJTは必要なのかもしれない」という気持ちが生じたからです。

詳しくは書けませんが、私は商品企画部で、雑貨小物のバイヤー兼プロモーターのような仕事をしていました。新商品を買い付け、それを世に出すためのプロモーションまでを手がけます。例えば消費者モニターやメディアへのプレスリリース、化粧品やアパレルとのコラボイベントなど、小規模ではありますが、買い付け商品を世に出すためにさまざまな活動を行います。それで見込みのある商品のみが、販売ルートに乗るのです。

私は入社当初に先輩からごく基本的なこと(出張旅費の切り方や経費精算、宅配便の出し方、パソコンの設定といったこと)を口頭で教わっただけで、あとは見よう見まねで仕事を覚えてきたと思います。
上司や先輩からはいつも「自分で考えて動け」と言われ、人に教わるという意識がありませんでした。

300人ほどの会社でしたが、他の部署に配属になった同期の話を聞くと、先輩がOJTリーダーとかトレーナーとかになって、面倒を見てくれる部署もあるようです。OJTという言葉も同期から聞いて初めて知りました。
同期が少しうらやましい反面、「私の仕事は非定型業務で、OJTができるような仕事じゃないから」と、そのことをどこか誇らしく思っている自分もいました。

商品企画は斬新なアイデアと実行力が求められる仕事です。
自由な雰囲気で、いろいろやらせてくれて楽しくはあったのですが、ルーズなところも多々あり、関連部署や取引先からは「ちゃんと引き継ぎしてくださいよ」と苦言を言われることもあったように思います。

あるとき、「来年から関連会社に出向に行ってもらうから、後輩の指導がてら仕事を引き継いでおいて」と言われました。2年間で戻ってこられるということで、その点は安心したのですが、指導と言われてもどうしていいかわかりません。
そこで、1つの商品について、買い付け先への同行、コラボ先への提案、イベントの設営・実施まで、1年近くかけて一通りの活動を後輩と一緒に行いました。また、それらにかかわる外部委託先の選定なども、一緒に話しあって進めました。

我ながら良いOJTができたのではないかと自負していました。
後輩のために一連のマニュアルも残しました。自分が出向後もぜひ今後の企画にいかしてほしい、そう思っていました。

それから2年間の出向を終え、私は約束通り古巣に戻りました。
しかし、当時と何だか様子が違っています。
一言でいうと、私がマニュアルに残したことは、何一つ守られていませんでした。
例えば、データや書類の保管場所も案件によってまちまちです。当時自分が係わっていた企画についても、例外ではありません。
「以前はこうじゃなかったよね。どうして変えたの?」と聞くと「そうでしたか?このほうがわかりやすいかなと思って」と返ってきます。
1年間、ずっと話しあいながら一緒にやってきたのに。マニュアルまで作ったのに。どうしてそうなるの?
私は混乱してしまいました。

外部委託先の業者もデザイナーさんも変わっていました。「以前一緒にやった○○の案件ではX社に依頼したよね。どうして変えたの?」
「あれ?そうでしたっけ」「一緒にExcelで比較検討表を作ったよね」「ああ......、そうでしたね。でもネットで調べたらよさそうだったので」
当時、委託先を選定するにも、各社と面談して見積りや提案の一覧表まで作って吟味したのに、そのこと自体を忘れていたとは......。ショックを通り越して怒りが湧いてきました。そんな私に後輩もやりにくさを感じたようです。
「もう2年前のことをいろいろ言われても......。商品も状況も違いますからね。それに先輩は何でも自分で考えて行動しろって言ってましたよね」
それはそうだけど......。でも何だか違う気がする。
結局、私なりに頑張ってきたことはムダだったのでしょうか。この先もこれでいいのでしょうか。自由といえば聞こえはいいけど、ロスが多すぎるし、部署としてのノウハウが積み重なっていないこの状況は、やはり問題ではないかと思うのです。

今回、記事を書いたのは、そんなモヤモヤした気持ちがあったからでした。


OJT新人ノート

OJT実践ノート

Comments:0

教えること、教わること〜OJT身近なケース集〜のご感想・コメントをお寄せください

Comment Form

コメントを表示する前に弊社担当者の承認が必要になることがあります。

この情報を登録しますか?


Trackback:0


ナビゲートのOJT教材・研修

採用情報

一緒に働くスタッフを募集中です

OJT実践ノート

書いて残せる「OJT実践ノート」新人を育てる確かな方法があります。

OJT新人ノート

新人の成長を記録し、OJTを活性化させる「OJT新人ノート」

OJT実践ノート紹介動画

「OJT実践ノート」の概要をビデオで解説します。

OJTリーダー養成研修

新入社員受け入れのためのOJTリーダーを育てます。

OJTリーダーフォロー研修

OJT指導の見直しに効果的です。

新入社員読本1st step

研修の副教材や内定者向け教材としてご活用ください。

最近の記事

カテゴリ

過去分一覧(年度別)

タグ一覧

このページの先頭へ