ナビゲートのロゴ

ナビゲート通信

045-561-2251
お問い合わせボタン
  1. 平穏な日々を願って

No.218平穏な日々を願って2021年12月21日

==============================
 ナビゲート通信 No.218

                2021.12.21(月1回発行予定)
==============================

  ★ 平穏な日々を願って ★

2021年もあとわずかとなりました。
今年もコロナウイルス感染の不安と隣り合わせではありましたが
ちょっとした趣味のおかげで、いくらかは穏やかに過ごせています。

子育てが一段落し、常に自分探しをしている私は、
数年前からヨガ、そして今年からフラダンスを始めました。
何となく選んだ2つの趣味ですが、
ふと共通な部分があることに気づきました。

それは、レッスン前に集中するための儀式?があることです。
ヨガは、サンスクリット語での「マントラ」、
フラダンスは、ハワイ語での「アロハチャント」
どちらも日本の祝詞のようなものです。
日常から離れ心を鎮め集中するため、
そして日々の生活への感謝と平和を願い、皆で声を合わせます。
海外への渡航が厳しい状況ではありますが、
心だけは遠いインドやハワイに馳せ。
一介のレッスン生ではありますが、
マントラやアロハチャントを唱えると、
気持ちを切り替えることができ、
レッスンに集中できるので不思議です。

やっとコロナウイルスの感染が収まりかけていたところに、
また新しい変異種が現れ、まだまだ油断禁物ではありますが
2022年は少しでも平穏に過ごせますよう、
「マントラ」や「アロハチャント」を唱えながら
レッスンに励みたいと思います。
来年もどうぞよろしくお願いいたします。

#フラダンスの様子は歳時記で。

                                                    [よ]

■───────────────────────■
 「オンライン研修紹介セミナー」のご案内
■───────────────────────■

新年度の研修テーマをお探しの方、ぜひこの機会に
ナビゲートのオンライン研修体験講座(無料)を
お試しください!

........................................................................

【OJTリーダー研修 紹介セミナー】
 新入社員の離職を防ぐ!
 新入社員OJTの進め方とそのポイント

 2021年01月25日(火) 10:30~11:30
 講師:一谷 真由美 氏

 ・コロナ禍における新入社員の状況と課題
 ・OJTのねらいとOJTリーダーに期待される役割
 ・新入社員のOJTで教えるべきこと、進め方のポイント
 ・OJTの計画作り(計画シートの紹介)
 ・新入社員への指導法のポイント

........................................................................

  お申し込みはこちらから
     ↓   ↓
https://www.navigate-inc.co.jp/lp/online_tr/index.html

  ★セミナーお申し込み特典★
「階層別研修構築のポイントとプログラム事例(PDF版)」
を進呈いたします。

──────────────────────────────
◆◇OJTの理論&手法:OJT Tips◇◆ 

OJTリーダーをはじめ、指導に携わる人に読んでもらいたい
記事をご紹介。

○まず自分の傾向を知る

 →「相手を理解する」ために欠かせないこと、
  それは「自分を理解する」ということです。

──────────────────────────────
◆◇社員ブログ:「気まぐれ歳時記」◇◆

○ぎゅうぎゅう焼きを囲んで
                [ゆ] (2021.12.14)
 →久しぶりの家族団らんにほっこり。


○五十の手習い
                [よ] (2021.12.08)
 →いくつになってもチャレンジ精神を忘れずに!

──────────────────────────────
◆◇研修News&Topics◇◆                                      
            (2021.12.08 - 2021.12.15)

○職場のハラスメント防止に関するアンケート結果

 →企業400社(回答率26.9%)によると、
  相談件数を5年前と比較した場合、
  ・パワーハラスメント関連:「増えた」44%
  ・セクシュアルハラスメント関連:「変わらない」45.3%


○職場における労働衛生基準 変更

 →12月1日に「事務所衛生基準規則及び労働安全衛生規則の
  一部を改正する省令」が公布。
  主な改正点は、照度、便所、シャワー設備、休養室、
  救急用具など。


○令和3年改正育児・介護休業法に関するQ&A
(令和3年11月30日時点)

 →厚生労働省は来年4月より順次施行される
  改正育児・介護休業法に備え、Q&Aを公開。
  9つのカテゴリに分かれ50問以上あります。

──────────────────────────────
◆◇ビジネス基本用語集(現在1153語)◇◆

「人事」に関するベーシックな用語をご紹介。

-:-:-:-:-: ピックアップ! -:-:-:-:-:

○職能

職能とは、本来は職務遂行能力の意味であり、その短縮
形として用いられる。そこから発展し、特定の専門的な
能力を持つ職種、階層、職業の意味で用いられ、職能部
門、管理職能、職能団体などと表現される場合もある。
逆に、ある職務や機構が持っている特定の役割や機能を
さして、「管理者の職能」「経営委員会の職能」などと
表現されることもある。


○職務遂行能力

職務遂行能力とは、仕事を行うために必要とされる能力
をさす。能力の分類の仕方はいろいろなされているが、
担当職務で用いる知識や技能に加え、それらの発揮の仕
方に関連するとされる態度的な能力、経験とともに習熟
するとされる企画力や判断力も含まれる。これらの能力
は、学習や経験によって修得することができ、また発展
させていくことが可能だとされている。


○職能資格制度

人事制度の形態のひとつで、能力主義にもとづく制度を
さす。社員をその職務遂行能力の発展段階でランク付け
し、それに応じて処遇を決定する。ランク付けしたもの
を職能等級または職能資格とよび、それぞれのランクに
1等級、2等級という名称や主事、参事といった資格名称
がつけられる。職能等級が用いられている制度の場合、
職能等級制度とよばれることが多いが、職能資格制度と
称するものもある。
職能資格制度は、職能等級や職能資格を中心とした賃金
制度、評価制度、教育制度などの人事制度全体をさして
いるが、1つの人事制度の中では職能資格のランク付け
と昇降のしくみの部分だけをさしてよぶこともある。

──────────────────────────────
◆◇過去のバックナンバー◇◆

過去に配信されたナビゲート通信をご覧いただけます。

メールマガジン登録

このページの先頭へ