ナビゲートのロゴ

ナビゲート通信

045-561-2251
お問い合わせボタン
  1. 一歩、一歩、ゆっくりと

No.206一歩、一歩、ゆっくりと2020年11月25日

==============================
 ナビゲート通信 No.206

                2020.11.25(月1回発行予定)
==============================

 ★ 一歩、一歩、ゆっくりと ★

先日、登山をしたときに感じたことです。
ちょうどその日は、くもりのち雨。
天気があまりよくないことを知りつつも
くもりのままだといいなという期待のもと、
八ケ岳の北横岳に行ってきました。

ごつごつとした岩や段差もあり
一歩、一歩、ゆっくりと、
足の置き場を考えながら進んでいきます。
疲れたら止まって深呼吸。

途中、雨が降ってきたので、
レインコートを身にまといながら
さらに登って行きました。

雨で濡れた山道で滑らないように慎重に、
吸って吐いてと呼吸を意識しながら......。
余計なことをごちゃごちゃ考えずに、
ひたすら登ることだけに集中します。

そんな調子でなんとか山頂に到着!
視界は真っ白であいにくの景色ではありましたが、
登りきった達成感を全身で味わいました。

日々、仕事や生活において、
答えや終わりが見えない中に身を置いています。
そんな中、登山は思考をシンプルにしてくれて、
心を軽くしてくれたような気がします。

                 [ゆ]

──────────────────────────────
◆◇事例:「教えること、教わること」─身近なケース集─◇◆ 

○明確な指示が欲しい
                 (2020.11.19)

手戻り、修正、別案、再提出......、うんざりします。
それでも新人の頃よりはいくらか受け入れられるように
なったと思います。

──────────────────────────────
◆◇社員ブログ:「気まぐれ歳時記」◇◆

○レジ袋有料化対策
                [よ] (2020.11.20)
 →たくさんの袋を忍ばせて......。


○グランピングに行こう
                [ひ] (2020.11.05)
 →長瀞の澄んだ空気を感じながら......。    


○手放す
                [ゆ] (2020.10.26)
 →自分にとって不用品となっていたものが......。

──────────────────────────────
◆◇研修News&Topics◇◆ (2020.08.04 - 2020.08.31)

○令和2年就労条件総合調査 結果の概況 

 →年次有給休暇の取得状況は、
  1年間の付与日数は平均18.0日、取得した日数は10.1日
  取得率は56.3%、前年(52.4%)を上回り5年連続して上昇。


○「テレワークの実施状況に関するアンケート」調査結果

 →テレワーク「経験率」は75.2%
  ・「一時期実施していたが、現在は取りやめた」22.1%
  ・「現在実施している」53.1%


○改正高年齢者雇用安定法(2021年4月施行)関連資料

 →70歳までの就業機会の確保を努力義務とした
  改正高年齢者雇用安定法について、
  パンフレット(概要版、詳細版)やQ&Aを公表。


○2021年度入社対象 新卒採用活動に関するアンケート結果

 →20年度新卒採用活動は「実施した・実施予定」が95.9%
  ほとんどの企業が採用活動を実施。


○令和元年度新卒者内定取消し等の状況

 →採用内定を取り消された学生数は、79事業所で合計201人。
  2011年卒以来、9年ぶりに200人超に。

──────────────────────────────
◆◇ビジネス基本用語集(現在1153語)◇◆

「教育・研修」に関するベーシックな用語をご紹介。
 オンライン評価でも意識を!

-:-:-:-:-: ピックアップ! -:-:-:-:-:

○傾聴

もともとカウンセリングにおけるコミュニケーション技能の1つ。
傾聴の目的は相手を理解することにある。それにより、話し手が
自分自身に対する理解を深め、建設的な行動がとれるようになる
ようサポートする。
傾聴で大切なのは次の3つとされる。
・言葉以外の行動に注意を向け、理解する
 (姿勢、しぐさ、表情、声の調子など)。
・言葉によるメッセージに最後まで耳を傾け、理解する。
・言葉の背後にある感情も受け止め、共感を示す。


○アクティブリスニング(積極的傾聴)

カウンセリングにおけるコミュニケーション技能の1つ。
目標管理においては、上司は部下に対し目標の押しつけは行わな
いが、部下が自ら職場状況を理解し職場に貢献できる目標を設定
するように誘導することが必要となる。また、達成過程では部下
に仕事を任せて個別的な指示を控えるべきとされており、そのた
めには目標設定段階で上司と部下が相互理解に立っておく必要が
ある。そのために上司の対話の技術、特に聴く技術が重要となり、
その手法としてカウンセリング技法が注目されるようになった。
目標管理を導入する際には、上司側のトレーニングの必須項目と
して位置づけられている。


○パッシブリスニング(受動的傾聴)

傾聴技法の1つで、相手の話を黙って聞く方法。
「あいづち」や「うなずき」、あるは話し手の「思いを引き出す
言葉」を投げ掛けてやることで、話しやすくしてやることから
「はげまし法」とも言われる。

メールマガジン登録

このページの先頭へ