ナビゲートのロゴ

Q&Aコーナー

045-561-2251
お問い合わせボタン

OJL、OJDという言葉がありますが、これはOJTとどのように違うのでしょうか?

OJL、OJDという言葉がありますが、これはOJTとどのように違うのでしょうか?

タグ:

OJLは、On the Job Learning(仕事を通じた学習)の略で、OJDはOn the Job Development(仕事を通じた能力開発・職場開発)の略語です。いずれもOJTから派生した概念で、1990年前後に多少注目された時期があるよ うです。
これらの新しい言葉や概念は、必ず従来からある概念を否定したり、それだけでは不十分という主張を持って登場してきます。
OJLやOJDも、「OJTはもう古い」「OJTだけではダメだ」という問題提起から登場してきました。仕事が複雑となり、求められるものもより高度になった今日では、従来からあるOJTのやり方だけでは期待される人材は育たない、というわけです。

従来からあったOJTの定義はまちまちではありましたが、いずれも「上司が部下に対して」「仕事を通じて」「意図的、計画的、重点的に」「マンツーマンで」「指導育成」 などのキーワードが含まれていました。
OJTにこのような定義がされたときは、仕事を指導するという状況に対して固定的なイメージが前提となっていたはずだと思われます。


OJT新人ノート

OJT実践ノート

このページの先頭へ