ナビゲートのロゴ

ナビゲート通信

045-561-2251
お問い合わせボタン
  1. 木を見て森を見ず

No.107木を見て森を見ず2012年01月25日

==============================
 ナビゲート通信 No.107
                2012.01.25(月1回発行予定)
==============================

       ★ 木を見て森を見ず ★

昨年の末、引っ越しをしました。
今回は早めにとりかかったはずなのに、引っ越し当日の朝
まだ詰め込めてない荷物がたくさんありました。

搬出のさなか、せっせと詰め込んでなんとか終わったものの
引っ越し屋さんが、今なにを運び出しているかなどを
確認する余裕がないままでした。
お兄さんたちがトラックに戻り、さていよいよ出発というとき
ふと足元の扉を開いてみたら......
まだごっそりと荷物がありました。
慌てて出発直前のトラックを仁王立ちで止め、
残っていた荷物も入れてもらいました。
「これで本当に最後ですね」と念を押されて、
とうとうトラックは出発。
「さ、この部屋ともお別れだね」と
最後のだめ押しに開けてみた天袋に......
なんとまあ、また荷物が出てきたのでした。

仕事でも目の前の作業に追われて、
全体を見失いそうになることがあります。
そのようなことを未然に防ぐために、
作業に取り掛かる前に、ちょっと気持ちを落ち着けて
全体を俯瞰することが有効のような気がします。

まずは1日1日の終わりの状態を朝一番に確認しておく、
というのを、今年はいま一度見直していきたいと思います。

    ↓    ↓

 さて、出てきた荷物をどうしたか。続きはこちらから。(ここから)

                       [ち]

────────────────────────────────          
◆◇教材・マニュアル制作事業◇◆ 

◆  業務マニュアルTips

 ・「40.業務マニュアルのつくり方」
   業務マニュアルのつくり方を、体系的にご紹介していきます。
             ・・・・・・・・・2012.01.24

─────────────────────────────

◆◇ビジネス基本用語集(現在1032語)◇◆
       以下の用語を追加いたしました。
       
・「極端化傾向」「厳格化傾向」「評価のエラー」「論理的錯誤」

      -:-:-:-:-: pick up! -:-:-:-:-:

        極端化傾向<きょくたんかけいこう>

評価のエラーの1つ。評価が両極端に分散する傾向をいう。
評価者が優劣をはっきりつけたがる性格の場合や、部下を好き
嫌いなどの感情で評価した場合に起こりやすい。
業務や部下の行動の観察や分析をせず、表面的な結果や印象で
評価した場合に評価が極端になる傾向がある。また、差をつけ
なければならないと意識し過ぎた場合にも、事実を過大に捉え
てしまい、評価が極端になることがある。

─────────────────────────────
◆◇社員ブログ:「気まぐれ歳時記」◇◆

 ・「ふらり野毛山動物園へ」 
   園内で注目を集めている「ツガルさん」とは...?
                   [ゆ]2012.01.12

─────────────────────────────
◆◇企業人事物語:「正気堂々」◇◆

 ・人事のベテランによる連載、続々更新中です。

 第6章 正気堂々       2012.01.06 -2012.01.25

   ・「34. 研修センター」
   ・「33. 魔性のもの」
   ・「32. 面白きこともなき世を」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

メールマガジン登録

このページの先頭へ