ナビゲートのロゴ

Q&Aコーナー

045-561-2251
お問い合わせボタン

どのようにすれば全員が率先して取り組むことが出来るでしょうか?

後ろ向きの意見が多く、責任者の揚げ足をとったり、前向きな事が出来ずに停滞しております。

タグ:

ご質問自体が大きなテーマですので、回答のすべてとはなりえませんが、以下の3点に大きく集約されるだろうと考えます。
1.5Sの必要性(取り組む意味・目的)が認識されていること
2.具体的な活動イメージができていること
3.効果(メリット)が実感できること

1.5Sの必要性(取り組む意味・目的)が認識されていること

各社が新たに5Sに取り組み始めるきっかけはさまざまです。「業務のミスが多いから」「ムダが多いから」「取引先の視察があるから」などなど...。しかし、多くの企業ではすでに5Sに取り組んできた経験があり、「昔からやっているから」「5Sは工場管理の基本だから」といった中で、なんとなく実施しているというところも少なくないかと思います。
5S活動は、間違いなくさまざまな効果が期待できる活動です。ただ残念ながら、どうしても日常業務が優先され、5S活動は後回しにされがちです。ですので5S活動を活性化させるには、5Sの優先度を高めるための取り組みが必要です。
その前提となるのは「なぜ当社では5Sに取り組むのか」という必要性(取り組む意味・目的)が理解されているかです。これは特にトップや管理職、5Sリーダークラス自身も納得し、自分で職場メンバーに説明できるレベルが望ましいと考えます。

2.具体的な活動イメージができていること

ただ「5Sに取り組もう」と言っても、人それぞれ到達イメージはバラバラです。単に周囲をきれいにして終わり、というイメージの方もいれば、相当細かい部分までこだわって取り組む方もいます。目指したいレベルが共有できていないと、どこまでやればよいかが伝わらず、全体のレベルは揃っていきません。当然、具体的に何に取り組めばよいのか、ということがイメージできていなければ、活動の方向性も定まりません。
他社の事例を参考にしたり、あるいは活動期間や取り組みテーマを共有したり、といったプロセスを経て、具体的な活動計画まで落とし込んでいくことが重要と考えます。

3.効果(メリット)が実感できること

やはり最後には、「5Sに取り組んでよかった!」と実感できるかどうかです。5Sは、実行すれば確実に効果が出ます。不要品がなくなったことでスペースができる、モノが取り出しやすくなる、モノを探さなくてもすぐに見つかる、などの効果です。あるいは来社したお客さまからお褒めの言葉をいただく、なんてこともあるかもしれません。また直接の因果関係は見いだせなくても、「不良や事故が減った」など工場全体によい影響を与えることも少なくありません。
特に、活動の初期の段階では、効果が見えやすいところからスタートするなども一つの方法論かもしれません。
当然、効果が実感できるとまた活動の加速度も高まります。改善すること自体に面白味を見いだし、プラスのスパイラルを生み出す職場も少なくありません。また感覚的な実感だけでなく、活動のプロセスや結果に対して、フィードバックがあり、活動に効果があることを伝えることも重要です。

その他にも活動を促進させる方法論は多数あるかとは思いますが、活動全体を動機付けるためには、上記のようなことが前提になってくるように思います。


このページの先頭へ