ナビゲートのロゴ
ナビゲート通信は主な更新情報をお届けするメールマガジンです。ご登録はこちらから。

下記はページ内を移動するためのリンクです。

現在位置

 ホーム > 気まぐれ歳時記 INDEX >出国命令?!

« Back | 気まぐれ歳時記INDEX |  Next »

2003年10月 1日

出国命令?!

category : [旅行・海外生活

writer :[ち]

10月になりました。
SARSの影響で4月の終わり、例年より早く日本へ戻り、4カ月間という長い夏休み(?)を過ごしました。
9月にやっと北京に戻り、先学期の宿題に追われながらも、新学期からはいよいよ4年生です。
卒業制作や論文の準備を......と思っていたのもつかの間、問題が発生しました。
この度中国入国の際にビザなしで入ったために、学校側から「入国から14日間以内に出国し、ビザを取得して再入国」するように命じられました。
本来、留学生は就学ビザを取得してから入国します。就学期間中に日本へ戻る際には、中国で再入国ビザを取得してから帰ることになっています。
しかし、今回はSARSのために再入国ビザを取らずに帰った学生が多くいました。中国政府側もそれを考慮し、観光ビザを取得して入国すれば、今回は特別処置として、観光ビザを就学ビザに切り替えることを許可すると発表しました。
今回私の問題の原因はこの観光ビザを取得しないで入国したことにあります。
もともと中国への入国は観光でもビザが必要です。しかし、つい先日(8月末)「中国の入国に際し、観光を目的とした14日間の滞在のみに限り、ビザなしでの入国を許可する」という発表がありました。
観光ビザの手続きを始めていた私は、このニュースに惑わされてしまいました。 この条例には留学を目的とした場合、今まで通り就学ビザが必要だと注意書きがありました。
もともと観光ビザで入国したものを就学ビザに変更することは原則的にできません。 今回、政府はビザの変更許可を「今回はSARSのためにの特別処置」としていますが、実際には観光ビザを就学ビザに変更することは特に難しいことで はありません (私のように学校に在籍しているものにとっては)。
ですから、ビザなし入国の注意書きを見ても大丈夫だと思ってしまったのです。

そして、結果はダメだったのです。(*1)
日本へ帰りビザを取るか、もしくは他の国へ行ってビザを取るかしかありません。
あ〜あ、ただの「あほう」としか言いようがありません。慰める言葉もなく日本への帰国を考える中、ふと思いつきました。
そうか、中国を出ればいいのだな。ということは第三国に行ってもいいのよね。
ここで私の頭はナゼかフランスへ飛んでいました。
ただ日本へ帰るだけなんて!という気持ちもありました。
周りからは、近くの韓国へ行ってビザを取ったら?という意見も出ました。
しかし、私はずっとフランスへ行きたかったのです。 だから、中国以外の国に行くのならフランスへ行こうと思いついたのです。

フランスに行くこと決めたので、さっそく切符の手配をしました。 フランスで中国への観光ビザが取れるのかも調べなくてはいけません。
しかし、飛行機の切符を調べているうちに、日本経由でフランスへ行くものがありました。 それなら帰りに日本へも立ち寄れるし、日本でビザの手続きができるので安心です。 この時期フランス行きが混んでいましたが、なんとか14日発の便が取れました。
北京へ戻ってからまだ部屋も片づいていない状態でした。宿題も残っていたし、学校を離れるための手続きもしなければいけません。
いろいろな用事でばたばたしながら、出発の日は来ました。

(*1)しかし、後で聞いた話では、なんとかする方法はあったようです。


▲このページの先頭へ

最近のエントリー

過去分一覧(月別)

2020年
2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
2003年
2002年
2001年
2000年

カテゴリー

執筆者一覧

お問い合わせ・ご連絡先
Copyright © 1999 - Navigate, Inc. All Rights Reserved.