ナビゲートのロゴ
ナビゲート通信は主な更新情報をお届けするメールマガジンです。ご登録はこちらから。

下記はページ内を移動するためのリンクです。

現在位置

 ホーム > 気まぐれ歳時記 INDEX >毛玉を取って、春うらら

« Back | 気まぐれ歳時記INDEX |  Next »

2009年4月16日

毛玉を取って、春うらら

category : [日常生活

writer :[の]

毛玉を取って、春うらら

夜中の通販番組に、しばしばやられてしまうタイプです。とっぷりと疲れて受け身になった脳に、アレは結構と効くのです。
ぼんやりテレビを観ていると、MCの人の熱っぽいトークが、なんだかこの世のすべてに思えてきて、確実に乗せられていると自覚しながらも、ついついネットでポチッと買ってしまうのです。
「あー、買っちゃったぁぁ」という、気だるい罪悪感とはかない期待感に包まれつつ意識が遠のく午前3時。まともな判断は難しい......。
ただ、いくら思考力がゆるーくなっている時間帯とはいえ、理性がまったく働かないわけではありません。特にダイエット・健康食品系、アクセサリー系は、これまで重ねてきた苦い経験から、ぎりぎりの線で踏みとどまることができます。
しかしながら"匠の技"という言葉にはめっぽう弱く、かなりの確率で「ポチッ」とやってしまいます。でも幸いにして匠に裏切られたことは今のところありません。
特にお気に入りのものはこの2つ。
 No.1:毛玉取りブラシ(浅草アートブラシ社製)→本日のお題
 No.2:爪切りのスワダブラック →ついでにこれもお勧め

実はこの冬、浅草の名匠による「毛玉取りブラシ」はちょっとしたマイブーム(死語?)なのでした。もう捨てるべきかと迷っていたお気に入りのセーターも、あら不思議、みるみる新品同様に蘇るではありませんか。手触りも上等です。匠の技はハッタリではなかった(回し者ではないですよ。念のため)。
家人もいたく気に入ったようで、数日間はブラシを取り合いしつつその成果を楽しんでおりました。しかし、ひと通り毛玉がなくなれば自然とブームも下降に向かいます。私の中の毛玉熱が早くも冷めかけたある日、社内で「これは!」と思う立派な毛玉を発見!!
私的に、金賞が[た]のセーター、銀賞が[み]のカーディガン。忘れかけてた衝動がむらむらと呼び覚まされます。「ああ、あの毛玉取りたい......」

唐突に毛玉を指摘された当人の心情などには、この際一切お構いなしです。個人的な欲求に「親切(または余計なお世話)」の仮面をかぶせ、ついに昨日の昼休み、念願の金・銀クラスの上等な毛玉(でなくセーターか)を持参してもらったのです。
あらためてしげしげと見てみれば、実演販売業者が泣いて欲しがりそうな、実に見事な毛玉っぷりです。特に、春の明るい日差しにさらされた毛玉というのは、なんと言いますか切ないことこの上なく、ものの哀れすら感じます。これは是が非でも取ってやらねばなりません。

さて実演開始です。まずは皇室御用達が触れ込みの「毛玉取りブラシ」を皆で観賞。
そして半信半疑で事態を見守る、持ち主達とやじ馬なスタッフ達。
静かに、しかし劇的に変化を遂げていくセーター。
「ををー!」と低くうめく感嘆の声。
この劇的ビフォア・アフターを一眼レフでおさめました。とくとご覧ください。



毛玉と本人と 毛玉の収穫
毛玉Before・After

スタッフ[ち]がムービーまで作ってくれました。......仕事しろ。

・Macの方はこちら
・Windowsの方はこちら
   *別ウィンドウで開きます

Comments:1

カステラ 2009-04-17 (金) 17:35

毛玉取りもすごいけど、毛玉もすごい!

気まぐれ歳時記のご感想・コメントをお寄せください

Comment Form

コメントを表示する前に弊社担当者の承認が必要になることがあります。

この情報を登録しますか?

Trackback:0

TrackBack URL for this entry
https://www.navigate-inc.co.jp/MT-5.2.13/mt-tb.cgi/594
トラックバックされる際にはこの記事へのリンクをお願い致します

▲このページの先頭へ

最近のエントリー

過去分一覧(月別)

2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
2003年
2002年
2001年
2000年

カテゴリー

執筆者一覧

お問い合わせ・ご連絡先
Copyright © 1999 - Navigate, Inc. All Rights Reserved.