ナビゲートのロゴ
ナビゲート通信は主な更新情報をお届けするメールマガジンです。ご登録はこちらから。

下記はページ内を移動するためのリンクです。

現在位置

 ホーム > 気まぐれ歳時記 INDEX >この夏、[よ]おすすめの映画

« Back | 気まぐれ歳時記INDEX |  Next »

2007年8月 6日

この夏、[よ]おすすめの映画

category : [日常生活

writer :[よ]

夏休み、あちこちのレジャー施設に劣らず映画館も大いににぎわっているようですが、私が最近感動した映画をご紹介します。
それは「それいけ!アンパンマン」です。
出産後3年ぶりに映画館で見た映画、それは、予想どおり?子供向けのものでした。だからただ娘に付き添うだけ、という軽い気持ちで映画館に足を運んだのでした。そもそもチケットも友人から頂いたもの。アンパンマンは毎週テレビで放映されていますし、家庭用DVDもたくさん出ているので、わざわざお金を出して映画館で見るほどのものではない、と思っていたのですが。

私は映画館で映画を見ると必ず寝てしまう、という恥ずかしい癖があります。せっかく迫力の大画面を目の前にしても、あの暗さに妙に眠気を誘われるのです。
今回も娘を膝に座らせ映画が始まると、私はいつしか眠りの中に。今日、私は保護者として来ているんだからしっかりしなくちゃ......。がんばって起きていようと思っても、人込みの中やっと座れたという安心感もあるのかどうしても眠気が勝ってしまいます。しかし熟睡するわけにもいかずふと目覚め、せっかくだから、と見始めました。
家でもテレビで放映されるアンパンマンを見ることはありますが、娘が夢中になって見ている間に、私は「チャンス」とばかりいろいろ家事を済ませるため、音は聞こえていてもゆっくり見たことはありません。だから、キャラクターや歌は知っていても、話の内容はほとんど知らなかったのです。

今回初めてじっくり見ると、それはまさに愛と勇気の物語でした。
アンパンマンは、ばいきんまんという悪役から友達を助けるために、自分の力を最後まで振り絞り戦います。力がなくなる、燃え尽きるその瞬間まで。友達のクリームぱんだも小さい体ながらあきらめず、アンパンマンと一緒に力の限りばいきんまんと戦うのです。そしてしょくぱんまん、メロンパンナたちも力を合わせます。
ばいきんまんに負けそうになりながらも、最終的にはアンパンマンたちが勝つのですが、「あきらめないことの大切さ」をあらためて痛感しました。
最近の生活を思い出してみると、「まあいいか......」で済ませてしまうことも多く、もうひと踏ん張りが足りなかったように思います。
 ・もう疲れちゃった → 電車に乗ろうか
 ・汚いから掃除しなくては → まあ明日でいいか。
そういえば最近娘はよく「まあ、いいかっ」と口にします。これはもしかして私の口まね?? ということは、このままでは親子そろって粘り強さのない、ダメ人間になってしまう......。
「あきらめずにがんばること」そんな基本的なことを思い出し、そして、友達のために我が身を犠牲にして危険に立ち向かう姿に、涙がホロリホロリ......。
娘はとても楽しかったようですが、私にとってはとても心打たれる内容であり、普段の生活を反省する良い機会になりました。

ポロポロ泣いている私に娘は「お母ちゃん泣いてたね、どこか痛いの?」と一言。「違うの、感動したのよ」とは言いましたが、彼女がこの意味がわかるようになるまでにはまだまだ時間がかかりそうです。
大人になって忘れていた「あきらめずにがんばること!」この夏、アンパンマンから教えてもらいました。


[よ]イチ押しの映画はこちらです!

「それいけ!アンパンマン シャボン玉のプルン」

▲このページの先頭へ

最近のエントリー

過去分一覧(月別)

2020年
2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
2003年
2002年
2001年
2000年

カテゴリー

執筆者一覧

お問い合わせ・ご連絡先
Copyright © 1999 - Navigate, Inc. All Rights Reserved.