ナビゲートのロゴ
ナビゲート通信は主な更新情報をお届けするメールマガジンです。ご登録はこちらから。

下記はページ内を移動するためのリンクです。

現在位置

 ホーム > 気まぐれ歳時記 INDEX > カテゴリー:食・健康

気まぐれ歳時記INDEX

気まぐれ歳時記 : Category

『食・健康』



2003年6月12日

吸血鬼も怖くない?!

ニンニク注射というのが話題になっていると聞きました。 ※注:実際はニンニクが入っているのではなく、「元気になる」というイメージで名づけられたそうです。 久しぶりに日本へ戻ってきて、ショック第1弾はニンニクについてでした。 ニンニクは、北京ではどんな料理にも入っています。 炒めたものにごろごろと入っていたり、テーブルに生のニンニクが置いてあ…

続きを読む »

| TrackBack 0

2003年5月 9日

癒されるもの

「ヒーリング」「癒し」という言葉をよく耳にします。 辞書を調べてみると、『ヒーリング:心身に働きかけて生命力・自己治癒力を引き出し,治癒・回復を促す活動。癒し。』となっています。 私にとって「癒し」となるものは以前実家で飼っていた猫です。 今は残念ながら賃貸住宅に住んでいるためペットを飼うことができません。これまで飼っていた猫は実家にいる…

続きを読む »

| TrackBack 0

2002年8月23日

冷たいもの

立秋が過ぎ、夏も終ったのか気温がそれほど上がらなくなりました。 とはいえ、まだ蒸している日が多く歩いていると汗がにじみ出てきます。 喫茶店に入れば、まだ冷たいものを注文する人が多いようです。 私は真夏でも冷たいものをあまり摂らないようにしています。 たとえ暑くても、冷たいものばかり食べていると体によくありません。体の中が冷えると血液の循環…

続きを読む »

| TrackBack 0

2002年4月19日

薄味のすすめ

中国の食事は揚物や炒め物が多く、一般的に濃厚な味付けです。また一般的な中華料理は、人工調味料が大量に使われている場合が多く、「美味しい」とストレートに感じられるよう、はっきりした味に作られているようです。私も濃い味になれてしまい、だんだん自分でも濃いめの味付けをするようになりました。ダシも便利な粉末を使っています。濃い味になれると、舌は鈍…

続きを読む »

| TrackBack 0

2002年3月26日

絶食した話

絶食したことはありますか? 私はつい最近するハメになりました。体の不調で入院したのですが、下痢が続いていたので、大腸を休ませるためです。外来で受診し、そのまま入院することになった初日の夜と次の日から丸3日間の絶食でした。 食べることが好きな私は、これまで、具合が悪くなっても食欲をなくすことはありませんでした。「医食同源」という言葉がありま…

続きを読む »

Comment 4 | TrackBack 0

2001年7月 6日

お米の話

お米の話

突然ですが、お米は好きですか? 日本語では、「お米」を炊いたものを「ご飯」といいますよね。 「ご飯」という言葉には「食事」の意味もあることから、食事における「お米」の重要性がうかがえます。 中国でも白ご飯やチャーハン、粽としてお米を食べますが、常に主食なわけではありません。 面類や餃子、まんとう(むしぱん。肉まんの中身がないもの)、ビン(…

続きを読む »

| TrackBack 0

1  2  3  4  5  6  7

▲このページの先頭へ

カテゴリー

『食・健康』40件

お問い合わせ・ご連絡先
Copyright © 1999 - Navigate, Inc. All Rights Reserved.