ナビゲートのロゴ
ナビゲート通信は主な更新情報をお届けするメールマガジンです。ご登録はこちらから。

下記はページ内を移動するためのリンクです。

現在位置

 ホーム > 気まぐれ歳時記 INDEX >入院中:九死に一生

« Back | 気まぐれ歳時記INDEX |  Next »

2010年1月19日

入院中:九死に一生

category : [食・健康

writer :[の]

入院中:九死に一生

かいつまんで言いますと、正月3日の深夜、自宅の廊下でこけて脊髄損傷。以来入院中で、現在に至っています。
別に誰かにバックドロップをされたとかではなく、事件性はありません。一人相撲です。
せめてゲレンデでこけたとかなら格好もつくのですが......。

その時、家人は就寝中でしたが、すぐ気づいて救急車を呼んでくれたので助かりました。気づかれなかったら危ないところでした。
呼び声で意識が戻ったとき、床は血の海で「なんじゃ、こりゃー」という感じ(古すぎ)。
立ち上がろうとしたところ、あれれ、身体がまったく動きません。
救急車に乗せられ、受け入れ先の病院が見つかるまでが長かった......。「血圧30切りました」という言葉が耳に残っています。

薄ぼんやりとはしているものの意識はありました。ICUでの様子はとてもせわしなく、「救命病棟24時」の世界をリアルで体験できたのは貴重です。ストレッチャーからベッドへ移されるときの「1、2、3!」という掛け声を聞くと、みんな江口洋介や松嶋菜々子や松雪泰子に見えてきます。

そんなわけで、脳は正常(たぶん)ですが、四肢が麻痺しており、文字通り手も足も出ない状態です。

ただ今、徐々に回復中ですが、お取引先のお客さまには、しばらくご迷惑をおかけします。何とぞご容赦ください。

またこれを機会に、スタッフもたくましくなってくれることと思いますので、どうぞよろしくお願いします。

リハビリをかね、これから状況などを歳時記につづっていきますので、よろしければご覧ください。

( iPhoneから送信)


お見舞いのお花の写真
お見舞いにいただいたお花

▲このページの先頭へ

最近のエントリー

過去分一覧(月別)

2020年
2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
2003年
2002年
2001年
2000年

カテゴリー

執筆者一覧

お問い合わせ・ご連絡先
Copyright © 1999 - Navigate, Inc. All Rights Reserved.