ナビゲートのロゴ
ナビゲート通信は主な更新情報をお届けするメールマガジンです。ご登録はこちらから。

下記はページ内を移動するためのリンクです。

現在位置

 ホーム > 気まぐれ歳時記 INDEX >抜歯で目が腫れる?

« Back | 気まぐれ歳時記INDEX |  Next »

2007年12月21日

抜歯で目が腫れる?

category : [食・健康

writer :[ち]

抜歯で目が腫れる?

先月の中旬、親不知を抜きました。
今年はこれで2回目です。
1回目は、右下でした。まだ歯茎から顔を出していないものの、隣の歯と接触する部分の歯茎が開いて、血や臭いが出ていたためです。
2回目は、左下です。こちらは特に問題なかったのですが、いずれ抜くことになるならまだ若いうちに......と思ったからでした。
私はもともと歯が弱く、何らかの治療を施している歯が多い中で、親不知はどちらとも問題のない歯でしたので抜くのは少々もったいない気がしましたが、口全体の健康のために抜くことに決めました。

1回目の抜歯は6月初旬でした。
歯を抜く前日、[の]に「しばらくご飯食べれないよ〜。2週間は口が開かないし、ほおも腫れるし。もっと体調良いときにすればいいのに」と心配をされました。実は半年ほど前から顔に原因不明のかゆみがあり、皮膚科へ行ってもなかなか治まらず悩んでいました。次第に悪くなるばかりで、ちょうどその頃、口の周辺がかなり赤くなり腫れぼったくなっていました。

抜歯の日の朝、体調があまり良くないこともあり、やめようか悩みました。でも「嫌なことは早く済ませた方がいい」と思い直し、予定通り歯医者へ向かったのです。
さて、歯医者到着。歯茎に麻酔を打たれ「痛い〜!」と思った途端、急に動機がして怖くなりました。
「心の準備はできましたか?」という先生の問いに
「これまでになかったほどドキドキしてます。」と答えると
「いつまでもドキドキを忘れないことはいいことです。」という言葉。
思わず笑えて、少し落ち着きました。

私の親不知は本来上向きに生えるべきところ、横になって生えていたため、歯を3つくらいに分断しながら取り出しました。
歯の治療で嫌なのはこの歯を削るドリルのようなものです(エアタービンやエンジンという道具だそうです)。この道具を使っている間、ギュイーンという音も苦手ですが、少し動いて違う歯が削れたり、舌があったって切れたらどうしようなど余計な心配をするので体に力が入ってしまいます。そのせいか歯医者へ行ったあとは必ず肩凝りが起こります。
ともあれ、私はあんぐり口を開けているしかないので、うまくいくように祈るしかありません。
1時間半ほどかかって抜歯手術(?)は無事に終わりました。

そして次の日、案の定、ほお右半分は通常の倍の大きさになりました。もちろん痛みもあり食事の苦労などもあったのですが、でもそのこと自体の辛さはあまり覚えていません。それは、別のことでさらに辛い思いをしたからです。


腫れが引きはじめた5日目あたりのことでした。朝起きるとまぶたがかなり腫れていました。数日前から腫れぼったい感じはあったのですが、大体朝腫れて数時間で治まっていました、しかし、その日は時間を追うごとにひどくなり、お昼どきにはとうとう目があけられないほど腫れあがってしまいました。
ほおも腫れ、目も腫れ......泣き面に蜂というのはこういうことです。
その日は、漢方医に見てもらいました。これまで長期にわたって悩んでいた皮膚の状態を改善しようと「の」が紹介してくれた漢方医にたまたま予約をいれてあったためです。上半身に熱がこもってしまっているということで、まずはそれを取り除く漢方薬を処方してもらいました。
そして翌日、漢方にはあまり即効性がありませんので、内科の病院へも行くことにしました。ここでは「何かのアレルギーでしょう」ということで注射を打たれ、さらに抗アレルギー剤を処方されて飲むことになりました。
何が効いたのかは定かではありませんが、数日でひどい腫れはいったん治まりました。でも腫れたあと目の回りが真っ赤になり、マントヒヒみたいでした。さらに数日すると腫れた部分の皮がむけてきました。数日間粉を吹いたような顔で過ごし、それもようやく落ち着いたと思ったら、また腫れはじめました......

この間、ずっと抗アレルギー剤を飲んでいたのですが、効かないのならばと、やめることにしました。
というのも、抗アレルギー剤を飲むと体がだるい感じがあったからです。もともと薬に弱く、飲むと何かしら副作用を起こしてしまうことが多いので、なるべく避けています。風邪引いた時も胃が痛い時も漢方系を飲んでいます。今回は、急な腫れにわらをもつかむ気持ちで飲んでいたのですが、頭がボーっとしてしまうの我慢しているのに、効果もないなんて!飲まない方がましです。

この潔さがよかったのか、新たに起きた腫れは、ひどくならず治まりました。飲み続けていた漢方が効いてきたのかもしれません。その後も、1〜2カ月に1度くらいは腫れが起こり悩まされましたが、加えて行った針や気功での治療なども効果があって、抜歯のあとほどには腫れることはありませんでした。
そのかわり、あれもこれもと治療をしていたら月に4万近くかかってしまいました。そこで、少し落ち着いたところで、即効性もある針治療のみに頼ることにして様子をみました。

そして、11月。
謎のアレルギー!?顔腫れの症状も落ち着き、いよいよ2度目の抜歯を迎えることとなりました。
(つづく)


腫れた頬 マントヒヒな顔
腫れたほお。右と左の大きさが違います 目の周辺が真っ赤になりました

▲このページの先頭へ

最近のエントリー

過去分一覧(月別)

2020年
2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
2003年
2002年
2001年
2000年

カテゴリー

執筆者一覧

お問い合わせ・ご連絡先
Copyright © 1999 - Navigate, Inc. All Rights Reserved.