ナビゲートのロゴ
ナビゲート通信は主な更新情報をお届けするメールマガジンです。ご登録はこちらから。

下記はページ内を移動するためのリンクです。

現在位置

 ホーム > 社内研修支援> プログラム一覧 > 階層別・職種別コース

印刷用 PDF

OJT研修
OJT指導前研修

新人がOJTを受けるにあたって、教わる姿勢や学ぶ態度を育てます。

本コースのねらい

*おすすめの実施期間:OJTを受ける前、仮配属、本配属前、新入社員導入研修の最終日など

スケジュール(例)

1日目

1.オリエンテーション
「まずは基本動作を再確認しよう!学ぶための第一歩」

  • マナーや基本動作を確認する
  • 挨拶、立ち方、座り方、表情、身だしなみなど

2.教わる姿勢、学ぶ姿勢を作る
「演劇手法“インプロ”を学び、かわいがられる新人になろう」

  • ウォーミングアップ演習
  • 学ぶとは真似ること
  • 観察し、質問し、メモをする
  • 豊かな表現力を養う
    • バーバル/ノンバーバルコミュニケーション
    • 肯定的な反応、明確なメッセージの発信、相手への働きかけ

-昼食-

  • 状況対応力を養う
    • 状況や相手、“場”を観察し、状況を読む
    • 状況に応じた振る舞いや行動を取る(ステータス)
  • 総合演習
    「インプロを活用したシーンスタディ演習」
    • 周囲の協力を得られる人材になるために
    • 会話をつなげるこつを学ぶ など

-演習-

3.指導を受ける時の注意点

  • 指導を受ける準備、指導前・指導後のあいさつ
  • 話を聞く姿勢、話の聞き方
  • メモの取り方の技術
  • 質問のしかた、タイミング(状況判断)
  • 報告する、連絡する、相談する

-演習-

★まとめ:明日からの配属にあたって

  • 本日の研修の確認と学ぶ姿勢のチェック
  • 明日からの準備

*進行状況により、スケジュールを変更することがあります。

研修のちょっとした解説

特に「素直に学ぶ姿勢を育て、“かわいがられる新人”」になって欲しいと考えます。先輩達から熱心な指導や様々な情報を受け、また周囲の協力を得られる人材となることは今後の成長への土台作りになるはずです。
そのために、まず指導を受けるにあたっての心構えと準備、姿勢を理解します。
特に学びの行動として期待される「聴く、観察する」といった要素を後述する“インプロ”を通じて学習します。

*“インプロ”とは「即興」という意味で、演劇や音楽などの分野でよく使われます。ビジネスや教育などの分野で対応力・即興力を学ぶ人材教育ツールとして注目を集めています。

豊かな表現力

昨今の新人は「反応が薄い」「表情が乏しい」「分かっているのか、分かっていないのかわかりづらい」という声が聞こえます。
反応も「はぁ」「特にありません」「別に……」など表現力に乏しいものが多いようです。
そこで、自分の反応が相手から見てどう映っているのか(自分の行動を客観視し改善する)や表現する力への気づきを得たいと考えています。
また相手の反応に対して、肯定的な表現で応える、といったエッセンスを学習します。

状況対応力

ビジネスの世界では状況に応じた対応が求められます。
そのためには、場を観察し(雰囲気を察し)、 自分と他者との関係や自分の立ち位置を認識し、その状況に応じた振る舞いをすることが必要になります。
機転の利く行動や状況にあった態度を自然と発揮できることは、大変な強みになると考えます。

*OJT新人ノートをテキストの一部として進めることも可能です。

担当講師

▲ このページの先頭へ

研修に関するご質問、ご相談等を受付けております。
お気軽にお問い合わせください。

お電話でも受付けております。

Tel:045-561-2251

お問い合わせ・ご連絡先
Copyright © 1999 - Navigate, Inc. All Rights Reserved.