ナビゲートのロゴ

ナビゲート通信

045-561-2251
お問い合わせボタン
  1. 特別企画:研修の現場から

No.96特別企画:研修の現場から2010年10月13日

■■■■ナビゲート通信 No.96(特別号)■■■■■■■


特別企画:研修の現場から        2010.10.13
──────────────────────────────

今回は特別企画として、2010年度上期から下期にかけて、
弊社の顧客企業からいただいたお問い合わせやご要望を振り返り、
最近の企業内研修でどんな教育ニーズがあるかを考察してみたい
と思います。


【1】お問い合わせの傾向や各社の状況
──────────────────────────────
■弊社への研修のご依頼状況から

人材関連ビジネスの需要動向は、世間の景気動向から半年から
1年ほど遅れて影響があらわれるといわれています。
弊社の研修へのご依頼状況も2008年「リーマンショック」直
後から2009年上期までは堅調に推移しましたが、2009年10
月以降、お問い合わせ件数が急激に減少してしまいました。
企業全体でコスト削減に取り組む中で、研修の実施本数削減、
不急の研修の延期、社内講師による実施や他の教育手段への
切替えなどが進んでいたようです。

幸い、弊社の研修は残していただけることが多くありましたが、
それでも実施本数は減り、「細く長く続けていきましょう」と
いったお話を頂戴することもありました。
一部には「2010年度はこれまでの研修や採用のあり方を見直
す期間」と位置づけられた企業もあったようで、2011年度か
ら改めて本格的に研修を再開するとして、計画中の企業もあり
ます。

メーカー系の顧客企業では、「ピーク時の8割から9割程度ま
で生産が回復した」という声が最も多く、中には「過去最大の
生産量」「過去最高益」という企業も出てきています。
そうした業績の推移と連動するかのように、弊社へのお問い合
わせ件数も回復傾向となってきました。
................................................................

■分野別の教育ニーズ

▽新入社員の教育では

今年、新入社員を採用できた企業では、OJTに力を入れている
ところが多いようです。

全般に新入社員の採用人数が縮小傾向にあるなか、「今年の新
人はなかなか優秀だ」という担当者の声が非常に多かったよう
です。
採用が売り手市場から買い手市場に変化してきたことで、「応
募者多数で採用を厳選できたため、ターゲットとする人材が採
用できた」「人材は欲しいが、迷うレベルであれば無理してま
では採用しない」こともその要因かもしれません。

とはいえ、厳しい経済環境のなか採用した新入社員ですので、
新人育成については経営層からも多くの注文がつき、OJT制度
の見直しやOJTリーダーの研修を検討する企業が多くありまし
た。

OJTリーダー研修の受講者の話を聞くと、前評判通り優秀な新
入社員のおかげか、はたまた熱心な指導が功を奏してか、比較
的OJTはスムーズに実施できているようです。
しかし、そこはいわゆる「ゆとり世代」といわせる新人の特徴
は、しっかりと持っていて、なかにはOJTリーダーを困惑させ
るような反応や驚くような言動をみせることもあるようです。

ちなみに、新入社員研修に関しては、例年「なにか面白い(変
わった)研修はないか?」というお問い合わせを頂きます。
しかし、今年はその手のご相談が少なかったように感じます。
2008年まで採用が活発で、多くの研修会社が新人研修向けに
様々なプログラムを開発し、市場をにぎわせたのも、その要因
の一つかもしれません。

▽営業担当者の教育では

不況になるとお問い合わせ数が増えるのが、営業研修です。
売れない時代だからこそ、売れる営業担当者を育てたい、とい
うニーズでしょうか。
ご依頼の内容は、即効性のある手法などではなく、「基本的な
セールスマナーや話の聴き方、顧客ニーズの引きだし方」など、
比較的オーソドックスなものが多いようです。
好況時には気にならなくても、不況になると「我が社の営業担
当者は基本ができていない!」となるようです。

▽メーカーの製造部門の教育では

「現場力の低下」が問題視され、基礎的な教育や管理基盤の強
化の必要性を感じる担当者が多く見受けられました。

リーマンショックの直後は、一時帰休や減産等により人員調整
を余儀なくされたところも多く、省人化が進んだことで各人の
多忙感が増し、大きな事故の発生につながってしまった、とい
うこともあるようです。
特に2009年年末は工場での重大事故が連日ニュースとなって
いました。
その後一転して増産となり、再び人員確保に転じましたが、十
分な指導や管理体制が整わなかったため、再びトラブルやミス
が多発している状況を耳にします。

昨今の生産システムがいよいよ複雑になる一方、反対に個々人
の作業が単純化・限定化されている現場が多く見受けられます。
また知識を体系的に学んだり、経験を段階的に積める場も少な
くなっています。
そのため、トラブル発生時など問題解決が必要な場面では、本
来幅広い知識や経験がベースになるにもかかわらず、それらが
不十分なため、対応のまずさにつながってしまう、という現象
が起きているようです。

よく聞かれるのは「機械(設備)の操作はできるが、原理や原
則が分かっていない」という声です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【2】研修テーマごとの研修のご紹介
────────────────────────────────

これまでざっくりと各社の状況を推察しましたが、以降では、
研修テーマごとに、ご要望の多かったキーワードを探りながら、
お勧めの研修をご紹介したいと思います。
................................................................

▽OJTリーダー養成研修&OJTフォローアップ研修

今年度はOJT関連研修へ多くの採用をいただきました。
4月から6月にかけては「OJT導入研修」を多く実施し、新入
社員の受入準備や指導計画作りを行いました。
新入社員のOJT指導者向けの研修のみならず、「入社から3年
目までの成長ステップを描き、育成項目の整備を行う」という
お手伝いをさせていただいた企業もあります。
9月から12月にかけてOJTフォローアップ研修を実施させて
いただく予定です。
特にOJT導入研修を採用いただいた企業ではほぼ100%フォロ
ー研修を実施いただくことになり、新人だけでなく、「指導す
る側の振り返り」の必要性を感じていらっしゃいます。
中には、OJTリーダーに対して、年に4回研修を実施し、定期
的に振り返りと計画の軌道修正を行っている企業もあります。

OJTフォローアップ研修で圧倒的に多いOJTリーダーの声は、
「自分の業務が忙しくて新人の指導に時間を割けなかった
(反省)」「叱りたいけど、叱っていいか?そして叱った後はど
うフォローしたらいいか?(疑問)」です。

後半のOJT指導を見直すためのOJTフォローアップ研修は年内
でも十分実施可能です。
詳しい資料をお送りしますので、お気軽にお問い合わせくださ
い。
................................................................
【お勧めの研修です】
................................................................
「OJTフォローアップ研修」はこちら。
OJT前半の振り返り、後半の指導計画を再構築します。
★詳しい資料をお送りしています。
................................................................

▽各種階層別研修・評価者研修

2009年に激減した階層別研修も、2010年度になると、企業の
研修再開もあり、少しずつご依頼が増えております。
弊社でも新人フォローアップ研修、中堅社員研修、管理職研修、
キャリアデザイン研修などを実施させていただきました。

今年は例年以上に「コミュニケーション」を重要テーマとして
ご依頼いただくことが多く、対人関係、部門間、世代間での関
わり方に問題意識を感じていらっしゃる担当者が見受けられま
した。

コミュニケーションを求める背景は企業により様々ですが、
 ・個人の業務が多忙で、物理的に対話する時間がなくなった
 ・協調し、一体となって取り組むような仕事や機会が減った
 ・様々な情報共有ツールやシステムの導入により、伝達を簡
  便に行えるようになったため、対話という手続きが省略さ
  れてしまっている
 ・部門等は細分化されているが、要となる人材が育成されて  
  おらず、またそのポジションも明確でないため、組織や役
  割を越えて働きかける術がない

 などが考えられます。

弊社ではゲームやツール、演習などを工夫し、コミュニケーシ
ョンの重要性や効果的な伝達方法を理解していただける研修を
企画しました。

また管理職研修では、目標設定や人事考課(評価)に関連する
研修へのご相談も多くいただきました。
このところの景気動向や人員構成の変化から人事制度の見直し
を検討する企業も多くなってきたのもその背景の一つとして考
えらます。

弊社では目標管理制度を中心に、人事制度の実績も豊富です。
貴社の制度に則った研修もお引き受けいたしております。
................................................................
【お勧めの研修です】
.....................................................................
「外交官ゲームを活用した社会人基礎力研修」はこちら。
社会人基礎力の体感演習を取り入れた研修として開発されました。
新入社員から中堅社員まで幅広い階層別研修に活用できます。

「評価者研修」はこちら。
評価の信頼性には、部下からの「評価者への信頼」が不可欠です。
................................................................

▽改善系研修

メーカーの製造職を対象にした「5S」「なぜなぜ分析」「IE
(インダストリアル・エンジニアリング)による作業改善」
「提案活動の活性化」「作業指導」など、 改善系研修も多くの
ご相談を頂きした。
製造現場では、2007年を目安に世代交代が一巡し、非正規社
員を含めた経験年数の若い人が増えました。
また2008年の景気後退の局面以降、減産・増産にあわせ、体
制も不安定となりました。
一方、かつては盛んであった小集団活動が停滞し、また現場改
善に関する教育もあまり行われない時期もありました。
そのため、管理職と現場職の距離(コミュニケーション)が遠
くなり、「考える訓練」が不足してしまったのではないかと推
測されます。
「ヒューマンエラー」に起因する事故が多いのも、そのような
背景があるからかもしれません。

各社の「現場力」の低下を嘆く声、また基礎教育のニーズは高
いようです。貴社ではいかがでしょうか?
................................................................
【お勧めの研修です】
................................................................
「5S研修」はこちら。
5Sは製造現場の基本!ヒューマンエラーは職場の整備から。

「なぜなぜ分析」はこちら。
トラブルの分析や対策を導き出すのにおすすめの手法です。

「IEを活用した仕事(作業)改善研修」はこちら。
作業のムダ、時間のロスを削減し、効率の良い職場へ。

「作業指導OJT研修」はこちら。
作業の効果的な教え方は身に付いていますか?
................................................................

▽ビジネスマナー研修
景気動向や時期を問わず、お問い合わせの多い研修です。
最近では、テレビで厳しい指導を行う女性講師が注目されたこ
とで関心も高まったのかしれません。
電話応対や接遇を中心に、クレーム対応やアサーションなどの
コミュニケーションスキルを盛り込んだ研修へご依頼をいただ
きます。

マナーに関しては「過去にマナー研修を実施したこともあるが、
なかなか定着しない」「中途採用が多いため、それぞれ我流と
なっていて、人によってレベルが違う」という悩みがあるよう
です。
2009年から2010年にかけては、新卒採用を見送り、中途での
採用(補充)が多かったためか、「基本を学ばせたい」という
お問い合わせを多く頂きました。

しかし、研修を実施してみると、ある程度知識をお持ちの受講
者が多い印象があります。ですから、研修では基本の再確認と
「それでいいんですよ」と背中を押してあげるだけでも安心さ
れるようです。

では知識はあるにもかかわらず、なぜ職場で実践しないのか。
マナーに限らず基本行動については、上司の率先垂範と全員参
加が基本であると考えます。
つまり、誰もが実践してない職場では、一個人だけに行動を促
すのは難しいといえます。

また悪い習慣はいったん身に付くと直すことは非常に困難です。
基本行動の改善には、工夫と根気、反復が必要です。
貴社でも定期的な研修をご検討されてはいかがでしょうか?
................................................................
【お勧めの研修です】
.....................................................................
「ビジネスマナー研修」はこちら。
 社会人の基本として。管理職クラスにも積極的な受講を。

「クレーム対応研修」はこちら。
 個人と組織の側面からどう対応するか検討しましょう。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
最後に
────────────────────────────────
今回の情報はお役に立ちましたでしょうか?
弊社1社へのご依頼からの考察となりますので、教育業界全般
をカバーするには至らないかもしれませんが、貴社の研修や人
材育成に多少なりともご参考になりましたら幸いです。
今年もまだあと3ヶ月ほどあります。
研修をご検討の際には、ぜひお気軽にお問い合わせ下さい!
最後までお付き合いいただき、誠にありがとうございました。

────────────────────────────────

メールマガジン登録

このページの先頭へ