ナビゲートのロゴ

ナビゲート通信

045-561-2251
お問い合わせボタン
  1. 人・虎・人?

No.59人・虎・人?2007年05月23日

===================================
ナビゲート通信 No.59                  2007.05.23
===================================

★ 人・虎・人?  ★ 

数年ぶりに昔の友人に会いました。
少しは丸くなったかと思いきや、いまだ"オレ様"健在。
よく言えば、才能豊かで孤高の人。
弁舌鋭く、隙がなく、論理矛盾は容赦しません。
職を転転とした揚げ句、今はいわゆる自由業(フリーター?)
彼を見るとどうしても、昔、国語の教科書で読んだ
「山月記」の人虎のイメージが浮かぶのです。
臆病な自尊心と尊大な羞恥心、まさにそんな感じ。
人と同じではいたくない、でも何者にもなれない......。
すごいなぁと思う一方、何とも痛々しいのです。
彼は第三者に対しては鋭い洞察を行えますが、
自分のこととなるとまるでダメ。
自己イメージに合わない批判は受付けません。
老婆心で箴言などしてみた日には、
猛烈な反撃にあってしまいます。
もちろん理屈では誰もかないません......。
自分のことは人ごとのように、
人のことは自分のことのように受け止められたら
世の中ハッピーなんだろうなぁ、と思うものの、
そうはいかないのが人間界なのでしょう。
さて、こんなふうに書いてみたけど、
虎に近い人って結構多いのでは?
私の予想では、これを読んだ直後の感想として
「私の中にも虎がいる」と感じた人は2割。
「すぐ身近に虎がいる」と感じた人は5割。
「山月記って何だっけ」とネット検索した人3割。
どうでしょう。
もっとも、この通信を読んでくれている人は何割......?

        ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
☆ 検索の前に、こちらへどうぞ

                          [の]

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 ●「5Sコーナー」をリニューアルしました。
                           2007.05.09  

  ・「ナビゲートの5S活動事例」のページに
   「ナビゲートの5S活動の報告」を追加しました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 ●「社内研修支援事業」~研修プログラム~に以下を追加しました。
                           2007.05.21 
  「なぜなぜ分析」
   真の原因を追及し、再発防止策を導くために効果的な
  「なぜなぜ分析」の考え方・進め方を習得するプログラムです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 ●「社内研修支援事業」~今月のおすすめ講師~に以下を追加しました。
                           2007.05.21  
  今月の"いち押し"は、小倉 仁志 講師。
  「なぜなぜ分析」の第一人者!10のルールをもとに
  わかりやすい指導を行います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 ●「正気堂々」~企業人事物語~に以下を追加しました。
  ・人事のベテランによる連載、続々更新中です。
                     2007.05.07~2007.05.15   
    第3章 動く
    「22.制度の遅れ」
    「21.やじろべえ」

    #賃金制度の遅れについても言及していきます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 ●ビジネスマナーちょいラーニング  
                                          ・・・・・・2007.05.22

 ●ビジネス用語ちょいラーニング
                                          ・・・・・・2007.05.11 

     #初心に戻ってセルフチェック。
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 ●社員ブログ:「気まぐれ歳時記」に以下を追加しました。
   
 ・「御弁当夢奇譚」・・・・・・・・・・・・・[み] 2007.05.17
     #お弁当で思い出す奇譚な行動......。

 ・「隣人のこと」・・・・・・・・・・・・・・[の] 2007.05.10
     #掃除をしてくれるおじいさんの話

 ・「お手軽レシピを求めて」・・・・・・・・・[ひ] 2007.04.28
     #メニューを考えるのは以外と大変!?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 ●掲載記事に以下を追加しました。

  ・「企業と人材」40/903号
   #【社員の自主性を基本にした能力開発を進める】に
          記事が掲載されました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 ●ビジネス基本用語集に以下を追加しました。(現在738語) 
                        2007.05.14
   
      意味記憶 / エピソード記憶 / 手続的記憶
  命題記憶 / 宣誓的記憶 / 陳述記憶 / 非陳述記憶

  -:-:-:-:-:-:- ピックアップ! -:-:-:-:-:-:-

  < 意味記憶 > 

物事の共通認識や客観的・普遍的な事実に関する記憶。
カナダの心理学者タルヴィングが、「命題記憶」の1分類として
「エピソード記憶」と対比させた概念。
たとえば「みかんは柑橘類だ」「1+1=2」などの定義や数式、
「日本の首都は東京だ」「大化の改新は645年」などの客観的
あるいは歴史的事実、その他「イヌはほえる」といった一般常識
などが意味記憶に該当する。
このように、意味記憶は言葉や概念を中心に構成された記憶であり、
人々が言語を使用する上で辞典のような役割を果たしている。
なお、意味記憶の内容の真偽は社会的に一致するか否かによって
判断される。


メールマガジン登録

このページの先頭へ