ナビゲートのロゴ

ナビゲート通信

045-561-2251
お問い合わせボタン
  1. 借景を得るということ

No.45借景を得るということ2005年12月19日

===================================
ナビゲート通信 No.45                   2005.12.19
===================================

★ 借景を得るということ ★ 

年末に引っ越しをすることになりました。
駅から少し遠くなりますが何とか歩ける範囲で
それでいて、自然が豊富なところです。

小さな四畳半の部屋に小さな腰窓があり、
そこから、手入れのされていない雑木林が望めます。
その窓はまるでちょっとした絵画のようで、
この先、折々の風景を切り出してくれることでしょう。
お金のかからない贅沢です。

借景......それは私の好きな言葉、というか感覚の1つです。
環境と一体になり、周囲に溶け込んで調和している感じ、
借景を楽しみ、自らもまた背景の1つとして周囲を和ませる、
そこには内側から見るだけの風景でなく、外側からの風景もあり
内と外と、全体と個とが溶け合っている、
溶け合いつつもそれぞれが、凛とした習慣を保っている......、
「借景」という言葉には、そんな感覚を抱いています。

古都を訪れたときにほっとする感じがするのは
そういう風景に包まれるからかもしれません。

さて、これから住む街の風景の一員として、
果たすべき責任は果たしたいと思います。
少なくともゴミ屋敷にしないようにせねば。
住環境だけでなく、職場においても言えることですけど......。

        ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
☆ 借景。今は「冬枯れ」ってとこでしょうか。  

                              [の]

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 ●OJTコーナー「教えること、教わること」~身近なケース集~に以下を追加しました。
  
  ・「61. 教えることは嫌われること」・・・・・・2005.11.09

     #身近なケース集おまちしております。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 ●「正気堂々」~企業人事物語~に以下を追加しました。
  ・人事のベテランによる連載、続々更新中です。(10周年記念企画)
                        2005.10.14~2005.12.15   
      「7.恩人の影」
      「6.揺れ」
      「5.きざはし」
      「4.在庫益」
      「3.目覚めぬ獅子たち」
      「2.噂」
   第2章「1.迷い」

    #ついに工場が稼働、会社の運命は......。
     
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 ●社員ブログ:「気まぐれ歳時記」に以下を追加しました。
   
  ・「恐るべしウイルス!」・・・・・・・・・・・[よ]  2005.12.19
     #インフルエンザだけじゃない!

  ・「大金を拾う」・・・・・・・・・・・・・・・[の]  2005.12.15
     #忘年会シーズンは危険です
 
  ・「1歳、秋の日の思い出」・・・・・・・・・・・[よ]  2005.12.01
     #秋ならではの体験です

  ・「それはニューヨークでした」 ・・・・・・・・[い]  2005.11.28
     #1カ月のニューヨーク生活で感じたこと

  ・「鍛える心、鍛える体」 ・・・・・・・・・・・[ち]  2005.11.22
     #最近運動していますか?

  ・「まだ日本語も話せないくせに」 ・・・・・・・[よ]  2005.11.16
     #目指すはバイリンガル!?
 
  ・「電車の中で思うこと」 ・・・・・・・・・・・[ち]  2005.11.11
     #"勝ち組"になるのは難しい!?
 
  ・「バス停留所で思うこと」 ・・・・・・・・・・[ち]  2005.10.31
     #のんびりな時間も悪くない
 
  ・「こんな母になれたらいいな」 ・・・・・・・・[よ]  2005.10.24
     #1歩1歩着実に

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 ●掲載記事に以下を追加しました。

  ・「企業と人材」に、【知っておきたい人材開発基礎用語50】に
           用語が掲載されました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 ●ビジネス基本用語集に以下を追加しました。(現在683語) 
                            2005.12.19

    学習転移、モラール・サーベイ、エルダー制度
   
  学習転移 <transfer of learning>

ある行動についての学習が、その後の異なる学習に対しても影響を
及ぼすこと。
例えば、ピアノを学んだことのある人が、学んだことのない人に比べ、
その他の楽器も容易に習得できるといった現象などをいう。
学習転移には、先行する学習Aがその後の学習Bを促進するという
"正の転移(positive transfer)"と、その逆に妨害となる
"負の転移(negative transfer)"とがある。
それぞれの学習の間に同一の要素が多いか、類似性が高いほど転移の
程度は高くなる。そして学習の結果としてあらわれる反応が類似して
いる場合は正の転移に、相反する場合は負の転移につながるとされる。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
★ おまけのフレーズ 

  「借景(しゃっけい)」
   #庭園外の遠山や樹木をその庭のものであるかのように
    利用してあること。またそのような造園法。(広辞苑より)


メールマガジン登録

このページの先頭へ