ナビゲートのロゴ

ナビゲート通信

045-561-2251
お問い合わせボタン
  1. ○○に吸われし......

No.44○○に吸われし......2005年10月13日

===================================
ナビゲート通信 No.44                   2005.10.13
===================================

★ ○○に吸われし...... ★ 

中学の頃に親しんだ啄木の歌集「雲は天才である」の中で、
一番好きだったのがこの歌でした。

「不来方(こずかた)」とは盛岡の旧称ですが、
この伝説めいた響きも気に入ってました。
実は当時、ときどき授業をさぼっては
城山にのぼって一人ぼんやりすることがありましたが
そんなとき、この歌は私の言い訳でもありました。
「たまには空に吸われに行くべきだよね」と。

長雨があけて、からりと晴れ上がった秋の日は、
1年のうちで一番好きな季節です。
朝、玄関を開けた瞬間、空がとても遠くて、
空気がキリッと引き締まっていて、
しかもキンモクセイの香りが漂っていたりすると、
どこか心淋しくなりながらもワクワクしてきます。
このままどこかにふらっと行ってしまおうか、あの頃のように。
などと思いつつ、15の3倍近く生きていると、
とりあえず足は会社に向かうのですけどね......。

一日中、パソコンの画面に吸われし不惑の心を
久々に空へ解き放ちに出かけてみようかと思いつつ、
働けど働けど......じっと手を見る今日この頃なのでした。

        ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
☆サイト改訂が少しだけ進みました。  
 OJTコーナー等をリニューアル。

                              [の]

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 ●OJTコーナー「教えること、教わること」~身近なケース集~に以下を追加しました。
  
  ・「60. 人生は常に勉強だ」・・・・・・・・・・2005.10.13

  ・「59. 本当にあった口答えの恐怖......」・・・・2005.10.04

     #身近なケース集おまちしております。

 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 ●「正気堂々」~企業人事物語~に以下を追加しました。
  ・人事のベテランによる連載、続々更新中です。(10周年記念企画)
                         2005.09.14~2005.10.05   
   「25.転機」
   「24.白亜の殿堂」
   「23.裏切り」

    #工場を造ると言い出した社長の真意は......?
     
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 ●社員ブログ:「気まぐれ歳時記」に以下を追加しました。
   
  ・「ベランダの居候」 ・・・・・・・・・・[の]  2005.10.12
     #鳩の世界もいろいろあるようで......

  ・「秋の夜長に向けて」 ・・・・・・・・・[よ]  2005.10.11
     #作品がたくさんできました

  ・「1年目の結婚写真」  ・・・・・・・・・[ま]  2005.10.03
     #念願のウエディングドレスです

  ・「大和ミュージアムで感じたこと」 ・・・[よ]  2005.09.22
     #戦後60年で感じたことは......

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 ●ビジネス基本用語集に以下を追加しました。(現在682語) 
                             2005.10.13
   
  通貨バスケット制 <currency basket>

為替相場制の1形態。自国通貨の変換レートを、複数の貿易相手国の
為替相場と連動させるもので、固定相場制の1種。複数の通貨を選んで
バスケット(かご)に入れ、それをあたかも1つの通貨とみなすことから、
このように呼ばれる。
自国の通貨レートは、貿易量などによってウェイトづけされた複数の
通貨レートを加重平均して算出される。
通貨バスケット制度をとるメリットは、特定の通貨の変動が大きくなった
場合でも、バスケットの中の他の通貨によって影響が緩和されるため、
為替相場が安定しやすいという点があげられる。

アジアではシンガポールやロシアがすでに採用している。
また2005年、実質的にドル固定相場制をとってきた中国も、
バスケット制を参考にした制度に移行すると発表した。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
★ おまけのフレーズ 

  「不来方のお城の草に寝ころびて 空に吸われし 十五の心」
  (石川啄木)

メールマガジン登録

このページの先頭へ