ナビゲートのロゴ

ナビゲート通信

045-561-2251
お問い合わせボタン
  1. 今を受け止めるということ

No.173今を受け止めるということ2017年08月29日

==============================
 ナビゲート通信 No.173
                2017.08.29(月1回発行予定)
==============================

  ★ 今を受け止めるということ ★

お盆の最中、大学を卒業してはじめてクラス会をしました。
言い出しっぺは、私[よ]です。
卒業して早25年、
「今、みんなに会っておかなければ、今度はいつ会えるだろうか」
という不安から、企画、実行しました。
卒業以来ご無沙汰の友人とも、
懐かしさのあまりすぐにタイムスリップ!
学生時代のこと、卒業してからのこと、近況......と話は尽きませんが
気づくと話題は、加齢に伴う身体的変化や健康問題、
そして、親の介護にシフト。
自分にも思い当たる話がどんどん出てきます。

皆揃って、いろいろあるお年頃になりました。

クラス会では少しおしゃれをし、久しぶりに会えた嬉しさで
みんなとびきりの笑顔、幸せそうに見えますが、
実は、それなりに困難や苦労も抱えているようです。

そのシワや白髪には、さまざまな経験とともに、
これまで生きてきた証が刻まれているのでしょう。

年々変化していく自分の体や、年老いていく親のことなどを
素直に受け止められなかった私ですが
同じ空の下で、友人たちも似たような悩みを抱えながらも、
前向きに過ごしていると思うと
少し肩の力が抜けたような気がしました。

世の中、アンチエイジングが大流行りですが
年をとることは当たり前であり、自然なこと、
年を重ねることで味わえる経験や思いもあるのだと、
そんなふうに素直に思えたクラス会でした。

     ↓   ↓
☆クラス会の様子は、こちら。
                       [よ]


────────────────────────────────

◆◇事例:「教えること、教わること」─身近なケース集─◇◆

○席が離れたOJT
                        (2017.08.09)
   
 →初めて新人のOJTリーダーを任された[よ]。 
  順調に進んでいたOJTでしたが、想定外の出来事が......。 
  自社のOJTをご紹介します。

────────────────────────────────

◆◇Q&A◇◆
5Sに関する悩みにお答えします。

Q:5S活動はトップダウンが理想なのでしょうか?
  ボトムアップが理想なのでしょうか?

A:こちらについては複数の見方ができると考えます。
  例えば、活動の活性化という視点では......
   
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ 

Q:行き過ぎた5Sはむしろ業務効率を阻害するのでは...... 
  行き過ぎた5Sという考えは正しいのでしょうか。

A:5Sに取り組まれている職場を見ますと「かえって不便じゃないかな」
  と感じることがあります。実際に業務効率が低下しているとしたら......

────────────────────────────────

◆◇研修News&Topics◇◆  (2017.07.28 - 2017.08.22)


○2017年10月改正「育児・介護休業等に関する規則」の規定例
 
  →今年2回目の改正となり、各種資料が公開されています。
 
 
○年金の受給資格期間が10年に短縮されました
 
  →平成29年8月1日から、資格期間が10年以上あれば
   老齢年金の受取り可能。
 
 
○ストレスチェック制度の実施状況を公表
 
  →平成29年6月末時点で、8割を超える事業場が
   ストレスチェック制度を実施済み。
 
 
○平成28年度雇用均等基本調査結果
 
  →正社員・正職員の男女比率は、女性の割合が24.8%。
 
 
○労働経済分析レポート:正規雇用へ転換した方の特徴と影響
 
 →正規雇用への転換を望む場合、早いうちに取組を行うことや
  自己啓発が有効のようです。

────────────────────────────────

◆◇社員ブログ:「気まぐれ歳時記」◇◆


 ○プリキュアに会いに
                 [ゆ] (2017.08.28)

 →アニメとは違う舞台の魅力とは......。

────────────────────────────────

◆◇ビジネス基本用語集(現在1153語)◇◆


 「教育研修」に関するベーシックな用語をご紹介。


    -:-:-:-:-: ピックアップ! -:-:-:-:-:


○傾聴

もともとカウンセリングにおけるコミュニケーション技能の1つ。
傾聴の目的は相手を理解することにある。それにより、話し手が
自分自身に対する理解を深め、建設的な行動がとれるようになる
ようサポートする。
傾聴で大切なのは次の3つとされる。
・言葉以外の行動に注意を向け、理解する(姿勢、しぐさ、表情、
 声の調子など)。
・言葉によるメッセージに最後まで耳を傾け、理解する。
・言葉の背後にある感情も受け止め、共感を示す。


○パッシブリスニング(受動的傾聴)

傾聴技法の1つで、相手の話を黙って聞く方法。
「あいづち」や「うなずき」、あるいは話し手の「思いを引き出
す言葉」を投げ掛けてやることで、話しやすくしてやることから
「はげまし法」とも言われる。


○アクティブリスニング(積極的傾聴)

カウンセリングにおけるコミュニケーション技能の1つ。
目標管理においては、上司は部下に対し目標の押しつけは行わな
いが、部下が自ら職場状況を理解し職場に貢献できる目標を設定
するように誘導することが必要となる。また、達成過程では部下
に仕事を任せて個別的な指示を控えるべきとされており、そのた
めには目標設定段階で上司と部下が相互理解に立っておく必要が
ある。そのために上司の対話の技術、特に聴く技術が重要となり、
その手法としてカウンセリング技法が注目されるようになった。
目標管理を導入する際には、上司側のトレーニングの必須項目と
して位置づけられている。

メールマガジン登録

このページの先頭へ