ナビゲートのロゴ

ナビゲート通信

045-561-2251
お問い合わせボタン
  1. 整理整頓は人生の半分である?!

No.155整理整頓は人生の半分である?!2015年12月17日

==============================
 ナビゲート通信 No.155
                2015.12.17(月1回発行予定)
==============================

       ★ 整理整頓は人生の半分である?!  ★

今年も残り半月を切りました。
師走という名のとおり、平日も休日も慌ただしいのですが
年内に済ませておきたいことが1つあります。
それは、押し入れの片づけです。

この10年間で引っ越しを3回していますので、そのたび捨ててはいるのですが、
もともと、「捨てる」ことがとても苦手です。

特に洋服などは、「ときめくか、ときめかないか」で判断すると
「全部ときめく!」という言い訳で、捨てられません。
お下がりをくれた姉でさえ「まだ着てたの?!」とびっくりする
20年ものの服もあります。
物持ちがよい、といえば聞こえはいいのですが......

そんなこんなで服の整理をし始めたら、押し入れの中をきちんと
片づけたくなってきました。
何となく押し込んだ服たちや、段ボールに詰めっぱなしの小物。
「部屋は心の状態を表す」と聞いたこともあります。
ぐちゃぐちゃしている部屋にいるから、大事なものが見えず、
なんでも迷ってしまうのかもしれない......と思ってみたり。
飛躍しすぎでしょうか。

5Sを推奨している弊社としましては、片づけもできない担当者が
「整理の基本は『捨てる』です」と言っても説得力ないので
鍛えていきたいと思います。

すでに、収納ケースをたくさん買い込んでしまいましたので、
あとには引けません。
すっきりとした新年を迎えたいです。

    ↓    ↓
☆片づけの様子を少しご紹介。

                       [ち]

────────────────────────────────

◆OJTの理論&手法:OJT Tips

○「理解のための切り口」             
   
 →情報を伝える側と受けとる側で、
  共有しやすくなる枠組みのポイントとは......。

               ・・・・・・・・・2015.12.15

────────────────────────────────

◆事例:「教えること、教わること」-身近なケース集-

○「大丈夫です。」             
   
 →先輩、後輩の分け隔てなく、ささっと雑務をこなすA先輩に
  ついつい甘えてしまう私の心情とは......。

               ・・・・・・・・・2015.12.16

────────────────────────────────

◆◇研修News&Topics◇◆  (2015.11.16 - 2015.11.25)


○「就業形態の多様化に関する総合実態調査」厚生労働省

 →非正規雇用は微増傾向にあるようです。


○「TOKYO 正社員化促進計画」シンポジウム

 →シンポジウムは、12月3日に終了しましたが、
  普及説明会が12月21日から都内各所で全6回開催予定です。


────────────────────────────────

◆◇社員ブログ:「気まぐれ歳時記」◇◆


○クリキアになったの

                [ゆ] (2015.11.27)

 →[ゆ]の愛娘のマイブームとは......。
 

○審判も悩んでいます
                [ね] (2015.12.09)

 →少年サッカーのコーチに就任し、早2年半。
  悩める審判業務とは......。


○更新:2016年版スケジュール帳(無料)
                [ち] (2015.12.15)

 →先日ご紹介した2016年度版スケジュール帳の訂正とお詫びです。
  よろしければ更新版をお使いください!


────────────────────────────────

◆◇ビジネス基本用語集(現在1151語)◇◆

「マーケティング」と「経営管理」に関する以下の用語を追加しました。

▽用語の紹介▽

 ・ビジネス財/MRO(間接資材)/流動資本財/
  固定資本財/直接材
                    (2015.11.26)

 ・会社/企業/経営/事業
                    (2015.12.08)

    -:-:-:-:-: ピックアップ! -:-:-:-:-:

○MRO(間接資材) 

MROとは、産業財・生産財の一部で、原材料や生産設備など
の直接材と対比し、間接資材と訳される。主に製造部門の生
産設備のメンテナンス(保全)、リペア(修理)、オペレー
ション(運転)で必要となる工具、保安資材、消耗品、補修
用品・部材、燃料などをさす。
直接材と比べると、関連する材の種類が極めて多岐にわたる
反面、購入単価が低く、購入頻度も少ないものが多い。
中には1つの機械部品で100万円を超える ものもあるが、多
くは1個あたり数円から数万円程度のものが主なため、各製
造部門で経費購買の対象となっている場合が多い。
かつては、近隣の販売店が納入していることが多かったが、
近年ではネット通販での購入が主流になってきている。


○直接材

直接材とは、産業財・生産財のうち、製品として加工される
原材料、部品、資材、および生産設備をさす。主に製造部門
で用いられる。
これらは経費購買の対象となる間接資材(MRO)と異なり、
個々の製品の原価に直接振り分けることが可能なことから直
接材とよばれる。


○会社 

一般に、商法に基づいて設立された「営利を目的とする社団
法人」とされる。社団法人とは、法律によって法人格が認め
られた、いわゆる法人をさす。
現在では、会社法において、株式会社、合名会社、合資会社、
合同会社の4つの組織形態が認められている。このほか資産
流動化法に基づいて設立される特定目的会社、投信法に基づ
く投資法人がある。
会社は、法人として認められることにより、会社名義での財
産を持ち、契約行為を行うことができる。もちろん、同時に
法的な義務も負う。
組織を構成するのは、出資者、経営者、そして使用人(従業
員)となる。会社は営利法人であるため、事業によって得た
利益を出資者に分配する。従業員は、雇用契約によって会社
との関係を結び、また解約できることで、労働力を柔軟に補
充することが可能となる。


────────────────────────────────

◆◇企業人事物語:「正気堂々」◇◆

 ・人事のベテランによる連載、続々更新中です。

 第7章  新生      2015.11.13 - 2015.12.15

 ・78 「辞める決心」
 ・79 「もったいない」
 ・80 「浮かぶ瀬もある」
 ・81 「統合の要点」

メールマガジン登録

このページの先頭へ